スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大人になった悲しみを 

もし危篤になったら、すべての生命力を振り絞りセガサターンの「下級生」をやる。
神妙な顔でコマンドを選択する。
そしてBGMを聞きながら「この歌は、いい歌だ!」と叫ぶ。
ドキドキしたまま死んで、そして僕らのEndless Summerが始まる。

有名人と友達になれた女の子がいた。
Twitterで自慢をしている。
その頃、俺は……



ボートに乗ってボーッと(笑)していた



僕「あっ、官僚だ!」

官僚「こんにちは、官僚です。青木君、元気?」

僕「大きい病気をしてしまい、今も体からはチューブが出ていますが、大丈夫です! 今日はお母さんと海鮮丼を食べに行きましたが、お店でぜんぶ吐き出してしまいました…。大学生の集団みたいなのが『わーっ!』って言っていました…」

官僚「青木君、それ全然ダメ」

僕「あっ……えっ?」

官僚「面白くなくてびっくりしちゃった」

僕「わっ!……えっ?」

官僚「(T_T)」

僕「泣いてるよ、なんなんだコイツ。どうすればいいんだ」

官僚「吟味してるよ!」

僕「いや吟味してたんかい!」

官僚「青木君、それ全然ダメ」

僕「あっ……えっ?」

官僚「日本を代表する有名ツイッタラー100人、全部名前言える?」

僕「はい、言えます。」

官僚「えっ?」

僕「ギミギミシェイク」

官僚「ビックリした! えっ、なんで急にその歌?」

僕「えっ」

官僚「吟味してるよ!」

僕「いや吟味してたんかい!」





電車に乗って実家に帰省する途中、嫌なことを思い出したので窓を思いっきり殴りつけた。
すると1人の乗客(初老の男性)が僕のほうに近付いてくる。
僕は「喧嘩上等だ」と思ったが、その男性は別に僕(青木龍一郎のこと)を注意をしに来たわけではなかった。
彼は筆ペンを取り出して僕に言った。

「とりあえず服脱いでみよっか」


意味が分からなかったが、脱いでみた。
すると男性は
「わ! 本当に脱いだ! すごい、マジかよ。ヤバいなwww」
と驚いた表情で僕を見てきた。

僕は恥ずかしくなって服を着ようとしたが、男性は
「待って。いいやん。そのままで……いいやん。なぁ。おい」
と止めてきた。

とりあえず僕は左手でちんこを隠した。左手だけでちゃんと隠れた。

すると男性は
「隠してもいいけど…」
と少しだけ残念そうな表情で言った。
そのあと、僕の乳首にペッとツバをかけた。
その瞬間、電車は脱線し、田んぼの中を突っ切っていった。



ガガガガガガガ!!



うまく言えないけど…僕は
「お母さん、助けて!」
と思ったんだ!!


~~~~~~~~ ~~~~~~~~ ~~~~~~~~
官僚「青木くん、君はなんでずっとインターネットの同じところにいるの?」

青木「僕が最初に作ったブログのアドレスがわからなくなってしまうから…」
~~~~~~~~ ~~~~~~~~ ~~~~~~~~


自分の髪の毛をブチブチと引き抜きながら、僕は空を飛ぶ。
上空には無数のジャポニカ学習帳が舞っている。
そしてその1つ1つに
「りゅういちろうシリーズ23」
「りゅういちろうシリーズ49」
「りゅういちろうシリーズ17」
「りゅういちろうシリーズ31」
と番号が振ってある。
僕は泣いてしまった。
僕の描いた4コママンガ、僕の描いたオリジナルキャラクター、僕が描いた菩薩のイメージ図…
全部がシリーズ化されていた。

例えば、そのうちの1つを手に取って開く。
すると、全部に解説が書いてあって、
それを読むことで僕の症状は少しずつよくなっていくのだ。



あまりに無力だと感じたとき、生命のトンネルが出現する。
初めてラブレターを受け取った少女のように、
その日の夕飯を綺麗に食べる。
スポンサーサイト
[ 2017/01/03 03:15 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

夢にオオゼキが出てきてうれしかった 

生理用品のCMのBGMをQueenのI Was Born To Love Youにしたらどうなるんだろう!?



俺の部屋の窓、サランラップ張ってるだけなんだけど
なんか変なおっさんがナイフでそれをシーーーッて切裂いて
勝手に中入ってきて
「ごちそうをご用意いたしました」
って言って一本満足バーを差しだしてきたんだけど、何?これ?


道歩いてたら、なんか女がジロジロ見てきたから
「おいザコ。文句があるならかかってこいよ」って言ったら
「いや、文句はないんだけど、眉毛太くね?」って返された。
あれ?
俺、眉毛太いのか?
そういえば、カットしたことないけど、
あれ!?ヤバい?もしかして僕ちゃん、キモオタみたいになってる?
急に俺は慌てだして、近年稀にみる発作を起こしてしまった。
恥ずかしいけど、小便も漏らした。
その後、女は「あたし、SMAP」と言ったあと、「ダイナマイトなハニッ、でもいんじゃない?でもいんじゃない?めまいおっこしっそぉ~」とか言って、もうあ



頼む。キモオタでも入れるディスコを用意してくれ。
キモオタ特有のキモい動きが許されるディスコだ。
そこに足を踏み入れた健常者たちは、みな、キモオタがダンスを踊っているのか、癇癪由来の発作を起こしているのか、見極めることができないという。
さほど、踊りが上手じゃない奴らだって安心。
みんなダンスがド下手だから…。

しゃべるとすぐツバが飛んじゃうキモオタが草原で向かい合ってアニメの話をしていたら、1時間後、2人の間の地面には綺麗な花が咲いていたという…。
しゃべるとすぐツバが飛んじゃうキモオタが1人でブツブツしゃべりながら、恋愛シュミレーションゲームをしていたら、1時間後、画面から綺麗な花が咲いていたという…。
彼はその花を詰み、こぎれいなカゴに入れてお母さんにプレゼントした。
その次の日から彼の学校でのあだ名は「おたより」になったという。


これから冬が来るというのに、
学校の教室の隅には、洗っていないままの優子のプールセットが置いてある。
みんな帰って、誰も居なくなった教室を見回りに来た担任が、毎日優子のプールセットに小便をかけている。栄養が上手に取れていない担任の尿はやけに透明がかっている。
そのとき、優子は彼氏から「勉強疲れたから、やろうや」とゆわれ、どうしようもなくシャイなトンネルを掘り続ける。
思い出すのはいじめの無かった頃の教室。
今はクラスの全員がいじめられていて、困ったことに、それがクセになっている。


熱心な担任が、毎週、学級通信を作って配っていたのだが、鬱になってしまった。
鬱になる前の最後の学級通信のサブタイトルが
「オタクって合唱コンクールでめっちゃ戦力になる奴か、いてもいなくても変わらないくらい声小さいクズの両極端に別れるよね。でもめっちゃ戦力になる奴ってだいたいキチガイ一歩手前の変なやつ。」
だった。
[ 2015/12/30 05:11 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

yokei na mononado naiyone... 

<青木龍一郎あるある その1>
電車の優先席で錯乱

<青木龍一郎あるある その2>
朝に排便を怠けて、忘れた夕方くらいにあったかいクソを漏らす

<青木龍一郎あるある その3>
似合わない服を着て笑ってる。周りからも笑われてる。



中略



<青木龍一郎あるある その638732198532167334218952675521875213765258092187521542>
実はちょっと出っ歯(!?)




全638732198532167334218952675521875213765258092187521542あるある終了(HAPPY END...)







この間から毎日の天気を記録することにした。

7月8日 曇り
7月9日 曇り
7月10日 曇り
7月11日 曇り
7月12日 曇り


ここで僕は察した…。
この街は完全に廃墟だ…。




小学生の時に聴いたCDをかたっぱしから持ってきて
さぁ、聴くぞつってラジカセに入れたら
知らない外人の声で

「ヘイ、ヘイ、ヘ~イ♪」

って流れてきたから、僕は「お、なんだこれww」って思って
思いっきりラジカセを蹴飛ばしたら、今度は
「やめろwwww蹴んなwwwww」って言ってきたから、うるせえんだけど!?こいつwwwって思って
「オラオラオラオラオラァアア!!」つってめっちゃ両手でラジカセをボコボコに殴ってて

ふと我に帰ったら
医学部の授業にいた。

僕は教壇の上に四つんばいになっていて、隣には白衣を着た立派そうな教授が立っている。
目の前にはたくさんの医学生。
あまりの怖さに僕は大声で泣き出した。

すると教授は一言「さぁ、今日の授業はこのキチガイを治しましょう」と言った。
学生たちからは歓声があがった。



その瞬間、今度は急に慟哭がピタッと止み、龍一郎は真顔でポカンとした表情になった。
そして、教授の方を向き、利発な顔で「すいません、すぐ元のまともな感じに戻ります。本当に申し訳ない。」と言った。


教授はそれを見て、大人しそうな印象を受けた。
しかし、ふと下を見ると、龍一郎の肛門から大量のどす黒い血が流れていた。






ヤバイ死んじゃうよ!!
誰か助けて!!!








教授「龍一郎君、今、君は病気?それとも健康?」

僕「俺を2000万円かけて手術してくれ。」

教授「病気なの?」

僕「そう。あと、言葉にしたら安っぽくなってしまうけど…」

教授「?」

僕「ギャハハ!!」

教授「!!」

僕「ギャハハ!!」

教授「!!」

僕「ギャハハ!!」

教授「!?」

僕「ギャハハ!!」

教授「こ、こいつ…、キチガイのフリをしてるだけだ!!」

僕「バレた!逃げろ!!」



僕はマントをひるがえし華麗に逃げ去った!!

僕は怪盗ナポレオンヌ3世…
ヴァンパイアのDNAと盗賊の習性を併せ持った悲しい歯周病患者だ…









乃木坂の生田ちゃん可愛いww




【最後にダジャレコーナー】
シンデレラが死んでれらぁ… (シンデレラが死んでいる)
ピエロは非エロ (ピエロはエロくない)
吐く迫力 (物凄い迫力で吐いてる人…)
博士を吐かせ! (博士にゲロ吐かせろ!!)
ハキハキ吐きたい鯛 (ハキハキ吐きたい鯛)










【お詫び】
俺は完全に変な
[ 2015/07/13 00:09 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

目 

ある朝、起きたら
僕の実家は長崎県にあることになっていた。
その部屋のちょうど半分には見たことのある漫画やゲームソフト、表紙に落書きがしてあるノート、浪人時代に使っていた河合塾のテキストなどがあるんだけど
もう半分には、聞いたことも無いような塾のテキストがあるし、ゲームソフトだってプレステの野球のソフトだし
僕はスポーツには興味が無いから野球のゲームを買うはずが無いのに...

その時、部屋のふすまがスッと開いた

僕は心臓が止まりそうになった。
僕の母親と、全く知らない男が2人並んで、部屋の中にいる僕を、無表情のままジッと見ている。

窓の外から子供の泣き声が聞こえる。
僕は耳を塞ぎそうになったが
塞いだ瞬間、母親とその隣の男に殺されることを予感し、それをしなかった。

母親は、いきなり口から何かをペッと吐き出した。
ツヤツヤの玉が畳に落ちて、少し転がった。
飴玉だ。


落ちた飴玉は微かに震えている。

そのとき、僕は目を疑った。

飴玉が徐々に変形しているのだ。
震えながら、ただの丸から人の形になっていく。

小さな親指大の人形になった。

母親はそれを再び拾い上げると、無言で僕に見せて、ニッと笑った。
僕はどうすればいいのか分からなかったので、とりあえず
「あっ」
とだけ言った。

今度は母親の隣の男が突然
「おい、お前、ちゃんと勉強してんのか」
とぶっきらぼうな口調で話しかけてきた。

僕は「してないよ?」と言った。



男はハァ~ッと大きなため息をついた。
そして廊下から黒い紙袋を持ってきて、僕に渡した。
中にはやせ細った猫の死体が入っていた。
水分はほとんど蒸発し、スルメか干し芋のような見た目になっていた。
そして何よりも強烈な悪臭を放っている。
何事か分からない僕がただただ唖然として、男の方を見ると
男は満足気にニッコリして
「まぁ、こういう感じのことしてるけど、結局、俺は...結局、俺は...」
と口ごもり、そのまま、また無表情になり黙ってこちらをジッと見るだけになってしまった。


僕は嫌な予感がして母親に言った。
「あんた、偽物?」


母親らしき女が答えた。
「キャあ、煮シぃき辞まなィで独ネばぁイイわァ?」


やばい!この人ニセモノだよ!!




僕は急いで2階の窓から飛び降りて、逃げることにした。
足をくじいたけど構わなかった。
無我夢中で逃げた。
後ろを振り返ると、2人は僕の部屋の窓際まで移動していた。
そして、窓からこちらを眺めて手を振っていた。
母親の手には包丁が握られていた。

住宅街のような路地を成り行き任せに突き進んでいると、1軒の交番が目に入った。

僕は急いでその中に入った。
中は昔の民家のようで、座敷がありその中央には囲炉裏があった。

こんな交番があるわけない。僕は瞬時に判断した。

しかし、その奥にはテレビが大音量で流れていて、背を向けた警官姿の男が1人、ジッとテレビを眺めていた。
テレビには、男性アナウンサーが映っていたが、こちらも何も言わずにジッとこちらを見つめているだけ。
まるで画面のアナウンサーと警察官がにらめっこをしているようだった。

奇妙なのは、画面はまるで静止画のように、男がただ黙ってこちらを見ているだけなのに
物凄い大音量で不審火のニュースが流れ続けていることだ。

そのとき、警察官がこちらを振り向こうとした。
僕は怖くなって、そいつがこちらを向いて顔を見せる前に、目を背け、逃げ出した。

遠くにアドバルーンが見える。
真っ白なアドバルーンだ。
そこには、二つの目が描かれていた。

すれ違った車椅子に乗った男が僕に向かって言った。

「首を吊った人はあぁいう目になるらしい」


なんで、それ、昨日も聞いた気がするんだけど、なんで?

ん?あらら?

[ 2015/03/19 00:35 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

中学校のサッカーの練習!?無理無理!そんなことよりダンロップのスニーカー を買おうぜ!?俺達。。。 

老人が階段を上っている途中で疲れて座っていたので
指を差して「あっ、ユーモア発見」って言ったら
「よく分かったな小僧(笑)ぶっ殺すぞ(笑)」って言われた。



さぁ、いくぜ、異次元パラレルブログ「関東チェーンソーチェーンソーズ」!!
今日も元気にスタートじゃあああああい!!







今日はまず、近所の空き地に行った。
そしたら野良犬がいっぱいいた。
俺が「オース!今日は少し早く来た!」とあいさつすると
野良犬たちが一斉にこちらを振り向き
「よう!36歳で身長170cm、体重81.9kg、職歴無しの最終学歴高卒、彼女いない歴36年間、持病は特になしの青木龍一郎!」
と言ってきた。
俺は
「ちぇ~~い」
と言いながら、ポケットに入った包丁を取り出し、ゆらゆらと踊りながら振り回し、
その後、地面に水風船を投げつけまくった。

その後、数匹の野良犬を引き連れて「インターネットしようぜ!」と言って、自宅へと招いた。
犬たちは
「おじゃましま~す」と言いながら俺の部屋へとあがった。


俺達はカップル板に以下の書き込みをした





4 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2014/08/24(日) 23:06:13.92 ID:iCwpAnXzi
みなさんからしたら小さい事かも知れないけど、

エッチを我慢してくれる
家まで送ってくれる
荷物持ってくれる
いつも楽しそうにしてくれる
私のこと考えてくれる

と、愛されてるなぁと思う
小さな幸せが大事だと思う







よし、もうこんな感じでいいだろ!?
送信でそのあと、公開だ!!
また1つ素晴らしい記事がアップされたな(笑)
ナ~ハッハッハッハ(笑)










ちょっと待ったwwwwwww
いったん、上のとこで記事書き終わって投稿もしたんだけど、
もうちょっと書かせてwwwwwww

この記事面白すぎじゃね?wwwwww




俺がめっちゃいじめられていた時、顔にガソリンかけられて
燃やされかけたんだけど、いじめっ子の中の1人の細野という奴が
「ダメだ!ヤバい!これ死んじゃうよ!」
ってビビってイジメを止めたんだ。
結果、俺の顔はちょっとしか燃やされずに済んだってわけなんだけど
俺は細野に感謝することはなかった。
なぜなら、細野は俺の大好きなマユミちゃんと付き合っていたから...。

大人になった俺はとある雑居ビルの暗い一室に監禁されていた。
そこには映写機とスクリーンが。
そしてそのスクリーンには細野の笑顔が大きく写っている。

警官が部屋に飛び込んできた。
そして「逮捕だ!」と言って、スクリーンをビリビリと引き裂いてしまった。
細野の笑顔も一瞬で切り裂かれた。
警官は息を切らしながら俺の方に振り返った。
そして、胸元から一本のスマートフォンを取り出し、俺に向かって大声で
「もうAV観るしかねえ!」
と叫んだ。
俺達はアダルトビデオを観賞した。
スマートフォンの小さい画面で3分のサンプル動画を一緒に観た。
2人で画面を覗きこむと、とても顔が近くなった。
あまりに近づきすぎて頬が触れ合った。
俺達はビックリしたように顔を見合わせた。
そして、そのままやさしいキスをした。

帰り道、川辺のフェンスに
「道徳は弱者の言い訳」
と書かれていた。

家に戻ると、母親が「これ、6年前のやつなんだけど...」と言って新聞の切り抜きを渡してきた。
そこには、細野とマユミちゃんが一緒に電車に飛び込んで自殺したという内容の記事が書かれていた。


俺は予備校の先生に電話して
「先生、俺、やっぱセンター試験受けます」
と言った。

先生は電話の向こうで涙を流しながら、震えた声で
「龍一郎君...やっと、やっと、病気が治ったんだねぇ...」と言っていた。




[ 2015/02/21 02:56 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。