スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大手外食チェーンで働く女の子 

逃げるASIMOを朝から晩まで追いかけ続ける仕事を辞めた俺は
この春から晴れて「猿の高校」に入学した。

「猿の高校」は名前の通り、ほぼすべての生徒が猿だ。
しかし、まれに人間で入学を許される者が現れる。
その1人が俺ってわけ。

合格通知が届いた日のことを今でも鮮明に覚えている。
家のポストにスケッチブックの一部を乱暴に手で破いたような紙が入っていた。
ゴミかと思ったが違った。
へにゃへにゃの字で
「お前来テもい感じがトトのた」
とだけ書かれていた。

俺は瞬時に
「お前来テもい感じがトトのた」
=「お前が来てもいい感じが整った」
=「猿の学校への入学を許可する」
と翻訳した。猿が一生懸命頭を使って書いた日本語だ。

さらに差出人のところには「猿高の交交ちょ」とのサインが。
おそらく「猿の高校 校長」と言いたいのだろう。

俺はすぐさま母親のいる2階へと階段を駆け上がった。
すると母親は部屋で爆弾を作っていた…。
真っ黒くてツヤツヤしてる球体にロープ状の導火線がついてるタイプの…。

「お母さん、それ、何に使うの!?」

「うっさいわボケ!」

「きゃあ怖い!」

「DREAM...」



それから1年の月日が流れた。


りゅっくん「猿の生徒会・会長の青木龍一郎です!」

猿1「キー!(失せろ!)」

猿2「ウキキ!ウキー!(なんでてめえが会長なんだよ!)」

猿3「ウキキウキッキキキキ!キキャキャキャキャ!(家に帰って鼻の穴にドクダミでも詰めてえづいてろ!)」

りゅっくん「黙れぶっ殺すぞ!(機関銃をぶっ放す)」

ダダダダダダダダダダダ!!

猿「ギギャー(南無三)!!!!!」

りゅっくん「Ah! Ah! Ah! Beautiful Sunday~♪」

俺は生徒会室を飛び出し体育館へ走る!!
そして壇上に上がり、拡声器で叫ぶ!!
「ビビアン・スー出てこい! ビビアン・スー出てこい! ビビアン・スー出てこい!」

するとなんと本物のビビアン・スーが!!

ビビアン「ニューヨークから20時間かけてただいま参上!」

りゅっくん「さっそくきたか!いきなりだが夢を語れ!」

ビビアン「歯間ブラシを買い占めること!(?)」

りゅっくん「こいつ、歯になんか挟まってんのがよっぽど嫌らしい!(舌を出して白目を剝きながら)」

猿の校長「りゅっくん!」

りゅっくん「校長! どうしてここに!」

猿の校長「話は聞いたよ!(本当は聞いてない)」

りゅっくん「2013年もあとわずか!? 自民党推薦の風俗がいよいよオープン!」

ビビアン「似た者同士でダンシンぐぅ~(エド・はるみのパクり)」

猿の校長「あっ、見てこれ! 今からボックス踏むから見てて! めっちゃノリノリな感じで踏むから! ずっと見てるとだんだん笑えてくるから見てて!」

りゅっくん「クッソ~、どんなに歳を重ねても干物が似合わない!」

ビビアン「オススメのスーラータンメンは煮干しです!」

猿の校長「ギリギリ聞こえるか聞こえないかくらいの大きさの舌打ちをしたせいで脱臼した警察官の話、してあげよっか?」



さびれたイトーヨーカドーのゲームセンターに行くと
ダブルデートをしている中学生がいた。
学ランをまとった男子2人はゲラゲラ笑って精液をまき散らしながら、
クレーンゲームの周りを小走りでグルグル回り、
女2人はキャッキャ言いながらそれから逃げていた。

俺はギョッとして、警察に電話をし
「青春が出ました、逮捕してください」
と言った。
5分後にパトカーがやってきて、
中学生4人は捕まり連行されていった。

誰もいなくなったその場にはクレーンゲームから
流れるチープで陽気な音楽だけが響き渡る。
俺はポケットに入っていた100円でクレーンゲームに挑戦。
ピカチュウのぬいぐるみをガッチリと掴み
穴に落とし込んだが、
取り出し口から出てきたのは
東海林さだお著「トンカツの丸かじり」
だった。



俺たちは高校時代、女の前で堂々と夢精の話をするため
夢精のことを「ゆめしょう」と言っていた。

俺は人生で一度だけ爆笑しながら射精したことがある。
ここでは細かい話はしないが、相手の女も爆笑していた。

好きな女とBOOK OFFに行くとき、
俺は子供のように女の後ろをついて歩くが、
レディースコミックのゾーンに差し掛かったときだけ
なぜか恥ずかしくなってしまい、
スッと離れて1人でプレステのゲームを見に行くのだ。
スポンサーサイト
[ 2017/04/23 03:46 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

俺は毎日アメリカの歴史を学ぶ 

先週あたりから、公衆便所くらいの広さの部屋でハムスターと2人で暮らしている。

なぜこんなことになっているのか、経緯を話したいと思う。

火曜、僕は買い置きしてあった「辛ラーメン」が「幸(しあわせ)そうめん」だったことに気付いた。

ん?
何これ?
「辛ラーメン」のパチモン商品?
間違えて買っちゃった系?

そう思ったがパッケージには「愛され続けて235年。これからも変わらない味(笑)」と書いてある。


そんなことってある?
235年のロングセラー商品っておかしくね?
1782年に生まれたってことでしょ。
江戸時代中期だよ。
天明の大飢饉が始まる年だよ。
普通に考えて飢饉が始まるときに新しいそうめん生まれる?
しかもそれが235年愛され続けることある?
ってか江戸時代に「幸そうめん」ってクソヤバい名前、思いつく?
江戸ってまだそんな感じのセンスじゃなくね?
あと「(笑)」はこういうのにつけちゃダメじゃないの?



謎が謎を呼びすぎ、頭の中にとある曲が流れだした。

ナゾミナスグ! ナヤメバホラ!
ナントカナル! ZONA'S SONG!
アキラメルナ! アマエナイデ!
アシタガアル! ZONA'S SONG!
ナゾミナスグ! ナヤメバホラ!
ナントカナル! ZONA'S SONG!
アキラメルナ! アマエナイデ!
アシタガアル! ZONA'S SONG!


そう、怪人ゾナーの「WHY! ~THE ZONA'S SONG」だ。
(ちなみに怪人ゾナーの英語表記は「PHANTOM ZONA」。)


とりあえず「幸そうめん」に関する情報を得なければならない。
不思議なオタクの集団である僕たちはこんなとき、インターネットを使って検索をすることができる。

カタカタカタ…ッターン!


約 384 件 (0.44 秒)



しかし、この384件の中に有用な情報は何1つなかった…。
一番近いもので、MICHIKOという謎のダンサーの「5レッスン☆幸チャンそうめん」というタイトルのブログ記事だった…。
http://ameblo.jp/dancer-michiko/entry-12188294156.html

まず一番最初に
「さぁ、いきなりですがMICHIKOを探せ!」というクイズが出されていて度肝を抜かれた…。
俺は5秒くらいで見つけ出しました。
みなさんは見つけられるでしょうか?
すごく簡単です。


さらに読み進めていくと
そこには「幸チャンそうめん」の写真が…。
夏野菜がたくさん入っている…。


「幸チャンそうめん」と「幸そうめん」、
なんらかの因果関係があるのだろうか?

わからない。
部屋に、7歳くらいだと思われる見知らぬ男の子がいたので
「お前わかる?」
と聞いたら
「わからない。あと福田萌の支持層もわからない。」
と返してきたので
「お前、頭いいな。この家いる必要ないぞ。帰れw」
つって思い切り頭蹴りつけて追い出した。


その後も「幸そうめん」のことを調べたが有力な情報は出てこず。
そこでパッケージに書いてある会社に問い合わせてみることにした。

製造元のところには
「グーン!育ちざかりで背がどんどん伸びてる奇形児株式会社」
と書かれてあった。


こんな気持ち悪い名前の会社、あっていいのか?
食品を扱う会社がつけちゃ絶対ダメな単語が入ってる気がする。
最初の「グーン!」が気持ち悪さをより一層引き立てている。
さすがに人の背ってそんな「グーン!」とは伸びないだろ。
育ち盛りだとしてもな。

そして電話番号のところには
「052-224-3」
と書いてあった。


ケタ少なくねえか?
最後「3」だけだし。

しかもふとその横に目をやると
「電話番号短くてすいません(笑)。気付いたらここまで減ってた。」
というお詫び文が。


電話番号がいつの間にか減ることなんてねえだろうよ。
マジできもちわりぃな。



つまりこういうこと。気持ち悪すぎ。何これ。

製造元:グーン!育ちざかりで背がどんどん伸びてる奇形児株式会社
電話番号:052-224-3(電話番号短くてすいません(笑)。気付いたらここまで減ってた)


果たして本当に電話番号がかかるのかわからなかったが
とりあえずかけてみることにした。
しかし受話器をとると、どこにもかけてないのにすでに
どこかにつながっていて、かすれた甲高い男の人の声で
「あっ、やっと出た。じゃあ殺しに行きますね」
と話しかけられた。

僕は
「やだ!これ普通にだめなやつ!」
と叫び、受話器をガチャン!!と切った。
恐怖でゲロを吐いてしまった。
出すまいと歯を食いしばったが、すごく臭いのが出た。
「震えた状態で歯を食いしばったまま吐く」
という貴重な体験ができた。


すると今度は玄関のチャイムが鳴る。
ドアを開けるとそこには
「内藤洋子」と書かれた名札をつけた薄汚いおっさんが立っていた。
そして、ものすごくハスキーな声で
「あんちゃん……あんちゃん……」
と言ってくる。
僕が「なんですか?」と言うと、おっさんは
「jazzの、みんとチャン&めいゆチャン!JSDA検定エレメンタリー合格おめでとう~

と言ってそのまま帰っていった。





意味が分からなかった。
本当にわからなくて、ショックで寝れなくなってしまった。
「jazzの、みんとチャン&めいゆチャン!JSDA検定エレメンタリー合格おめでとう~

というセリフ、どこかで聞いたことがある気がするのだが思い出せない。



先週あたりから、公衆便所くらいの広さの部屋でハムスターと2人で暮らしている。
俺たちは意思疎通が取れるようになり、
今日は一緒に「カントリーロード」を歌っていた。
外から「うるせえよ!」という声が聞こえたが、
その後、一発の銃声が鳴り響き、そのままずっと外は静かだった。
[ 2017/04/16 01:36 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

大人になった悲しみを 

もし危篤になったら、すべての生命力を振り絞りセガサターンの「下級生」をやる。
神妙な顔でコマンドを選択する。
そしてBGMを聞きながら「この歌は、いい歌だ!」と叫ぶ。
ドキドキしたまま死んで、そして僕らのEndless Summerが始まる。

有名人と友達になれた女の子がいた。
Twitterで自慢をしている。
その頃、俺は……



ボートに乗ってボーッと(笑)していた



僕「あっ、官僚だ!」

官僚「こんにちは、官僚です。青木君、元気?」

僕「大きい病気をしてしまい、今も体からはチューブが出ていますが、大丈夫です! 今日はお母さんと海鮮丼を食べに行きましたが、お店でぜんぶ吐き出してしまいました…。大学生の集団みたいなのが『わーっ!』って言っていました…」

官僚「青木君、それ全然ダメ」

僕「あっ……えっ?」

官僚「面白くなくてびっくりしちゃった」

僕「わっ!……えっ?」

官僚「(T_T)」

僕「泣いてるよ、なんなんだコイツ。どうすればいいんだ」

官僚「吟味してるよ!」

僕「いや吟味してたんかい!」

官僚「青木君、それ全然ダメ」

僕「あっ……えっ?」

官僚「日本を代表する有名ツイッタラー100人、全部名前言える?」

僕「はい、言えます。」

官僚「えっ?」

僕「ギミギミシェイク」

官僚「ビックリした! えっ、なんで急にその歌?」

僕「えっ」

官僚「吟味してるよ!」

僕「いや吟味してたんかい!」





電車に乗って実家に帰省する途中、嫌なことを思い出したので窓を思いっきり殴りつけた。
すると1人の乗客(初老の男性)が僕のほうに近付いてくる。
僕は「喧嘩上等だ」と思ったが、その男性は別に僕(青木龍一郎のこと)を注意をしに来たわけではなかった。
彼は筆ペンを取り出して僕に言った。

「とりあえず服脱いでみよっか」


意味が分からなかったが、脱いでみた。
すると男性は
「わ! 本当に脱いだ! すごい、マジかよ。ヤバいなwww」
と驚いた表情で僕を見てきた。

僕は恥ずかしくなって服を着ようとしたが、男性は
「待って。いいやん。そのままで……いいやん。なぁ。おい」
と止めてきた。

とりあえず僕は左手でちんこを隠した。左手だけでちゃんと隠れた。

すると男性は
「隠してもいいけど…」
と少しだけ残念そうな表情で言った。
そのあと、僕の乳首にペッとツバをかけた。
その瞬間、電車は脱線し、田んぼの中を突っ切っていった。



ガガガガガガガ!!



うまく言えないけど…僕は
「お母さん、助けて!」
と思ったんだ!!


~~~~~~~~ ~~~~~~~~ ~~~~~~~~
官僚「青木くん、君はなんでずっとインターネットの同じところにいるの?」

青木「僕が最初に作ったブログのアドレスがわからなくなってしまうから…」
~~~~~~~~ ~~~~~~~~ ~~~~~~~~


自分の髪の毛をブチブチと引き抜きながら、僕は空を飛ぶ。
上空には無数のジャポニカ学習帳が舞っている。
そしてその1つ1つに
「りゅういちろうシリーズ23」
「りゅういちろうシリーズ49」
「りゅういちろうシリーズ17」
「りゅういちろうシリーズ31」
と番号が振ってある。
僕は泣いてしまった。
僕の描いた4コママンガ、僕の描いたオリジナルキャラクター、僕が描いた菩薩のイメージ図…
全部がシリーズ化されていた。

例えば、そのうちの1つを手に取って開く。
すると、全部に解説が書いてあって、
それを読むことで僕の症状は少しずつよくなっていくのだ。



あまりに無力だと感じたとき、生命のトンネルが出現する。
初めてラブレターを受け取った少女のように、
その日の夕飯を綺麗に食べる。
[ 2017/01/03 03:15 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

夢にオオゼキが出てきてうれしかった 

生理用品のCMのBGMをQueenのI Was Born To Love Youにしたらどうなるんだろう!?



俺の部屋の窓、サランラップ張ってるだけなんだけど
なんか変なおっさんがナイフでそれをシーーーッて切裂いて
勝手に中入ってきて
「ごちそうをご用意いたしました」
って言って一本満足バーを差しだしてきたんだけど、何?これ?


道歩いてたら、なんか女がジロジロ見てきたから
「おいザコ。文句があるならかかってこいよ」って言ったら
「いや、文句はないんだけど、眉毛太くね?」って返された。
あれ?
俺、眉毛太いのか?
そういえば、カットしたことないけど、
あれ!?ヤバい?もしかして僕ちゃん、キモオタみたいになってる?
急に俺は慌てだして、近年稀にみる発作を起こしてしまった。
恥ずかしいけど、小便も漏らした。
その後、女は「あたし、SMAP」と言ったあと、「ダイナマイトなハニッ、でもいんじゃない?でもいんじゃない?めまいおっこしっそぉ~」とか言って、もうあ



頼む。キモオタでも入れるディスコを用意してくれ。
キモオタ特有のキモい動きが許されるディスコだ。
そこに足を踏み入れた健常者たちは、みな、キモオタがダンスを踊っているのか、癇癪由来の発作を起こしているのか、見極めることができないという。
さほど、踊りが上手じゃない奴らだって安心。
みんなダンスがド下手だから…。

しゃべるとすぐツバが飛んじゃうキモオタが草原で向かい合ってアニメの話をしていたら、1時間後、2人の間の地面には綺麗な花が咲いていたという…。
しゃべるとすぐツバが飛んじゃうキモオタが1人でブツブツしゃべりながら、恋愛シュミレーションゲームをしていたら、1時間後、画面から綺麗な花が咲いていたという…。
彼はその花を詰み、こぎれいなカゴに入れてお母さんにプレゼントした。
その次の日から彼の学校でのあだ名は「おたより」になったという。


これから冬が来るというのに、
学校の教室の隅には、洗っていないままの優子のプールセットが置いてある。
みんな帰って、誰も居なくなった教室を見回りに来た担任が、毎日優子のプールセットに小便をかけている。栄養が上手に取れていない担任の尿はやけに透明がかっている。
そのとき、優子は彼氏から「勉強疲れたから、やろうや」とゆわれ、どうしようもなくシャイなトンネルを掘り続ける。
思い出すのはいじめの無かった頃の教室。
今はクラスの全員がいじめられていて、困ったことに、それがクセになっている。


熱心な担任が、毎週、学級通信を作って配っていたのだが、鬱になってしまった。
鬱になる前の最後の学級通信のサブタイトルが
「オタクって合唱コンクールでめっちゃ戦力になる奴か、いてもいなくても変わらないくらい声小さいクズの両極端に別れるよね。でもめっちゃ戦力になる奴ってだいたいキチガイ一歩手前の変なやつ。」
だった。
[ 2015/12/30 05:11 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

yokei na mononado naiyone... 

<青木龍一郎あるある その1>
電車の優先席で錯乱

<青木龍一郎あるある その2>
朝に排便を怠けて、忘れた夕方くらいにあったかいクソを漏らす

<青木龍一郎あるある その3>
似合わない服を着て笑ってる。周りからも笑われてる。



中略



<青木龍一郎あるある その638732198532167334218952675521875213765258092187521542>
実はちょっと出っ歯(!?)




全638732198532167334218952675521875213765258092187521542あるある終了(HAPPY END...)







この間から毎日の天気を記録することにした。

7月8日 曇り
7月9日 曇り
7月10日 曇り
7月11日 曇り
7月12日 曇り


ここで僕は察した…。
この街は完全に廃墟だ…。




小学生の時に聴いたCDをかたっぱしから持ってきて
さぁ、聴くぞつってラジカセに入れたら
知らない外人の声で

「ヘイ、ヘイ、ヘ~イ♪」

って流れてきたから、僕は「お、なんだこれww」って思って
思いっきりラジカセを蹴飛ばしたら、今度は
「やめろwwww蹴んなwwwww」って言ってきたから、うるせえんだけど!?こいつwwwって思って
「オラオラオラオラオラァアア!!」つってめっちゃ両手でラジカセをボコボコに殴ってて

ふと我に帰ったら
医学部の授業にいた。

僕は教壇の上に四つんばいになっていて、隣には白衣を着た立派そうな教授が立っている。
目の前にはたくさんの医学生。
あまりの怖さに僕は大声で泣き出した。

すると教授は一言「さぁ、今日の授業はこのキチガイを治しましょう」と言った。
学生たちからは歓声があがった。



その瞬間、今度は急に慟哭がピタッと止み、龍一郎は真顔でポカンとした表情になった。
そして、教授の方を向き、利発な顔で「すいません、すぐ元のまともな感じに戻ります。本当に申し訳ない。」と言った。


教授はそれを見て、大人しそうな印象を受けた。
しかし、ふと下を見ると、龍一郎の肛門から大量のどす黒い血が流れていた。






ヤバイ死んじゃうよ!!
誰か助けて!!!








教授「龍一郎君、今、君は病気?それとも健康?」

僕「俺を2000万円かけて手術してくれ。」

教授「病気なの?」

僕「そう。あと、言葉にしたら安っぽくなってしまうけど…」

教授「?」

僕「ギャハハ!!」

教授「!!」

僕「ギャハハ!!」

教授「!!」

僕「ギャハハ!!」

教授「!?」

僕「ギャハハ!!」

教授「こ、こいつ…、キチガイのフリをしてるだけだ!!」

僕「バレた!逃げろ!!」



僕はマントをひるがえし華麗に逃げ去った!!

僕は怪盗ナポレオンヌ3世…
ヴァンパイアのDNAと盗賊の習性を併せ持った悲しい歯周病患者だ…









乃木坂の生田ちゃん可愛いww




【最後にダジャレコーナー】
シンデレラが死んでれらぁ… (シンデレラが死んでいる)
ピエロは非エロ (ピエロはエロくない)
吐く迫力 (物凄い迫力で吐いてる人…)
博士を吐かせ! (博士にゲロ吐かせろ!!)
ハキハキ吐きたい鯛 (ハキハキ吐きたい鯛)










【お詫び】
俺は完全に変な
[ 2015/07/13 00:09 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。