FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入園して夢の国に来た
金払って夢の国に来た
千葉に夢の国があった



東京ディズニーランドへようこそ。
臆病な僕は、夢の国の愉快な仲間達から逃げてしまう。

彼らは
おどけた仕草で
顔面神経症患者のように
表情を固定させ
音楽に合わせて
踊っている。

いや、音楽が無くても踊っている。

奴らにとっては
子供の笑い声
アトラクションの動く音
風の音
自分の心臓の音
全てがハッピーなBGMだ。
それはみんなにも常に流れていて
でも、大人たちはそれを聞こえないフリしてる。
だから、夢の国に行くんだ。



あ、それからミッキーと僕っておんなじ。
確かに僕はうんこみたいな引きこもりかもしれない。
でも、ミッキーだってディズニーランドにずっと引きこもってるぜ。
一歩も出ない。
ありゃ重症だ。
何十年間も夢の国に漬かってきた。


僕にとっての部屋は
ミッキーにとってのディズニーランドだ。

暗い部屋で一人、ミッキーと同じ踊りをしている。
僕はみんなのリーダー、みんなの友達、ミッキーマウスだった。
湿った部屋で、タオルで体を拭くミッキーマウスだった。
まるで病室のような場所で、誰も居ないところに向かって手を振っているミッキーマウスだった。




人々は自らの人生をウォルトの作り出した楽しい楽しい世界に重ね合わせることができる。
きっと、ウォルトがそうできるように作った。
楽しい人生の象徴。
くそったれな人生の象徴。
人はそれぞれのディズニーワールドを妄想することができる。

僕は半年前「病室で笑ったミッキーマウス」という詩集を完成させた。
そして、それは僕に詩を書く大きな意味を与えてくれた。
ウォルトには感謝している。




ウォルトはまず、だだっ広い土地に柵をたてた。
やがて、そこに一匹のねずみが入り込んできた。
そいつはやがて、アヒル、黄色い犬、はたまたガールフレンドもそこに連れ込んだ。
そして、みんなが永遠に笑っていられるように願った。

だから、奴らは本当に永遠に笑っている。
これからも笑顔で踊ったり、集団で練り歩いたり、子供を抱きしめたり
障害者に手を振ってみたり、ブラジルの工場で働いてみたり
子供を殴り親を蹴り老人を殺し赤ん坊を食べたり、入国者は性別問わず強淫したり
わざとらしい仕草で投げキッスしたり、夢に耐えたり、杖を突いて笑ったり
黄色の風が肌を撫で回して『見えない』と言ったり、投げキッスを返したり
女子中学生にアメあげたりし続けるだろう。



子供たちの顔から笑顔が消えたとき、ディズニーランドの住人は一斉に
パーク内から脱出し、日本全国に散らばるだろう。
そして、各々が各地に新しいディズニーランドを建て始める。

ミッキーは新潟に夢の国を。
ミニーは岐阜に夢の国を。
ドナルドは福島に夢の国を。
グーフィーは広島に夢の国を。
プーさんは大分に夢の国を。
チップとデールは京都に夢の国を。
バズライトイヤーは山形に夢の国を。
白雪姫は徳島に夢の国を。
ミスターポテトヘッドは埼玉に夢の国を。
クリミナルクイントは愛知に夢の国を。


日本中が愛に溢れた風が吹き始めて
子供たちは狂ったように笑い出す。
夢を失ってしまった大人たちは、空を眺めて「何かある」と呟く。
全ては抱きしめることができたのに
それなのに、それをしなかった。





「成功すると、いつも僕を襲ってくる奴らがいた。」
                               _ウォルト・ディズニー




Walt Disney
本名ウォルター・イライアス・ディズニー
(Walter Elias Disney)
1901年12月5日 - 1966年12月15日




日本中が愛に溢れた風が吹き始めて
子供たちは狂ったように笑い出す。
夢を失ってしまった大人たちは、空を眺めて「何かある」と呟く。
全ては抱きしめることができたのに
それなのに、それをしなかった。


僕は僕の部屋に夢の国を。
誰もが、自分の夢の国を作ればいい。
そして、その中を、永遠に絶えることの無い笑顔で歩き回ればいい。
風は僕らを撫で回し、斜め上に静かに消えていく。
朝が来るのも、夜が来るのも、光が見えなくなるのも関係ない。
朝が来るのも、夜が来るのも、光が見えなくなるのも関係ない。













引きこもりな僕らはミッキーマウスだった。
















僕は叫ぶよ。
「ヘイ、ウォルト。元気してるか?」ってね。
スポンサーサイト
08.24 (Sun) 23:52 [ 日記 ] CM589. TOP▲
朝、目が覚めると僕の部屋の真ん中に大きなシャボン玉がプカプカと浮かんでいて
それを見た瞬間、涙が止まらなくなったのはきっとやらせだ。


小学生たちが手をつないで輪になる。
そしてしきりに、みんな友達と言い合う。
それもきっとやらせだ。


この世界は基本的にやらせだ。
僕に友達が居ないのもやらせだ。
僕が家に引きこもってブルブル震えてるのもきっとやらせだ。




みんな友達だってのはやらせだ。
みんな人間だってのもやらせだ。
みんなご飯を食べるのもやらせだ。
みんなが手を洗うのもやらせだ。
みんなが好きな人に愛してると言うのもやらせだ。
後ろからチョップされるのもやらせだ。
豊田さんが手首を切りつけてるのもやらせだ。
野宮がラリっちゃって奇声をあげてるのもやらせだ。
小学生のとき、朝起きたら飼ってたハムスターが口に綿をつめて死んでたのもやらせだ。
僕がツタヤのトイレの中で急に具合悪くなって倒れて、意識がもうろうとしている中
隣のもうひとつの個室からカップルのイチャイチャする声が聞こえてきたのもやらせだ。
全部やらせだ。

マジで。




起きれば テレビをつけて また消して
しばらく ボーッとして 再びテレビをつける
なめたけをおかずに ご飯を食べて ちょっとこぼす
牛乳を勢いよく飲み ちょっとこぼす
これは僕のやらせ これがつまり人生
雨や風が 一定周期でやってくる
あまり 変わらない毎日が ファンタスティックにやってくる
よお 僕やお前ら 先も何も無い
ここでシートしいて寝てる
これがつまり人生 または やらせ か?


散歩にでかける
誰も通りそうに無い道 を選ぶ
空を見る あまり面白くない
先細った一本の道の 中間地点で立ち止まり そのままカメラを取り出す
そして 周りの人々に見せ付けるように構えて
一枚も撮らずにカメラをしまう
テレビの中から説教され バカにされる
そらを僕は大爆笑で受け止め 部屋の電気を消す
これは僕のやらせ これがつまり人生
僕の涙 いつか川のようになったら
いつも 異義理の大群が ドメスティックにやってくる
おお 君やマイケル 僕は何も無い
暗闇で涙は見えない
これがつまり人生 または やらせ




この世界がどんなにやらせでも構わない。
やらす側なのかやらされる側かなんてどちらでもいい。
ただ、ひたすら「僕達人間でした!」という面白結果発表を笑顔で受け止めるのだ。


現実なんてどこにもない。





一方、僕の知り合いのアイドルオタク、野宮憲太郎が生まれたのは1991年10月22日だった。
08.22 (Fri) 00:12 [ 日記 ] TOP▲
駅前でたむろしている若者達を馬に乗って蹴散らす武士がいたらいいのに。
「糞ビッチ不良ギャル」とか
「糞チャラ不良ホストもどき」とか

首を日本刀でバッサバッサ。
すごく気分のいい光景だろう。

あ、ちなみに、その武士が乗ってる馬の尻尾にはロープがくくりつけられていて
更にそのロープの先に縛られてズルズルと引きずられてるのが僕ね。
目印としては分かりやすいと思う。
よく国道とか引きずられてるから、興味あったら宇都宮の駅前の大通りとかきてみてよ。
夜の9時~11時くらい。

はっきり言って、車に乗ってる人たちからすればすっごい邪魔だと思うけど
どうか、ひき殺さないでもらいたい。

暗闇とネオンの中を滑走する馬に、奇声を発しながら引きずられてる全裸のニート。
僕は、邪魔になっているとわかっていてもそれをやめない。
そんな糞が青木龍一郎だ。

そんなキチガイのブログを見ている、画面の前のあなたも糞だ。
みんな糞だ。
そうだうんこだ。
キチガイな僕ら、うんこゲーム。
すごろくで「1回休み」と出ただけで永遠に休もうとする、待望の底辺世代。



すごろくで思い出したけど


★死ぬまでに一度はやってみたいこと★

・すごろくをクラスのみんなでやる。
自分のターンに回ってくるのが極端に遅い。
スタート地点が異様に込み合っている。

空気読めない奴が、自分だけ遅れてるのでカッとなってみんなのコマを全部バアッって払いのけちゃう。
(似たような奴で、オセロの途中で、奇声を発しながらオセロ盤の上をグチャグチャにしちゃう奴とかがいる。
 あーいう奴らはほぼ知的障害者に等しい。いっそのこと、対戦相手を刺し殺すとかしたらどうだろうか(苦笑))
そいつはみんなに攻められる。

「おい、お前何やってんだよ」
「なんで!?みんなで楽しくやってたじゃん」
「自分が負けてるからって、そんな子供じみたことしないでよ!!」

そして始まる死ねコール。


死ーね
死ーね
死ーね
死ーね


僕も回りと一緒に死ね死ねと手を叩きながらコールするだろう。
当たり前のことだが、その中に本気で「死んでほしい」と思っている奴はいない。
ただ、そいつを攻めるためだけに「死ね」という言葉を選択しただけのことである。
しかし、僕だけは本気で、心の底から「死ね」を連呼している。
思いを込めてとにかく真剣に「死ね」と連呼している。
本当に死んで欲しいのだ。


実際、今、攻められている奴が、この場でいきなり泡吹いてぶっ倒れたら
今まで死ねとコールしていた奴らは一瞬にして静まり返るだろう。
まさか本当に死ぬとは思ってもいなかったわけだから、動揺し、自分たちのコールを後悔するだろう。
しかし、僕だけはそこで「よっしゃああああ!!」と叫ぶだろう。
本当に死んで欲しかったからだ。


すごろくをクラスのみんなでやる。
それはそういうことだ。
誰が大麻やってるかなんてどうでもいい。
僕なんて、大麻やってないのに、大麻やってる奴より危険だということだ。



自分でも何を言ってるのか分からない。
















昔、クラスに知的障害者ってあだ名の人が居た。
理由は、知的障害者だからだ。
08.19 (Tue) 01:13 [ 日記 ] TOP▲
豊田さん…。
あぁ、豊田さん…。
君は僕の後ろの席に座っているよ…。

僕は君にマジで美少女ゲームをやってもらいたいんだ。
僕は美少女ゲームが大好きだ。
やったことはない。
でも、とても好きだ。
だから君にも好きでいてもらいたいんだ。


去年の冬、僕は君に美少女ゲーム雑誌「電撃G's magazine」を貸してあげたね。
その日の帰り道、ドブ川に「電撃G's magazine」がプカプカと浮かんでいた…。



どうやらお気に召さなかったよう。

僕は泳げないというのに、そのままドブ川に飛び込み「電撃G's magazine」を拾い上げた。
そして、それを大事そうに抱え、アスファルトを泥水で濡らしながら静かに家に帰った。
その晩は、食卓に「電撃G's magazine」が並んだ。

食卓テーブルを挟んで、向こう側のイスに「電撃G's magazine」を座らせて
面と向かって「電撃G's magazine」と向き合いながら、一緒にスパ王を食べたのだった。



「E-LOGIN」
「TECH GIAN」
「BugBug」
「パソコンパラダイス」
「PCエンジェル」
「ファンタジェンヌ」
「メガストア」

どの美少女雑誌なら君は気に入ってくれるのだろうか。
ほら読んでごらん。
女子が美少女ゲームやってたら この子何考えてるんだろう ってきっと思われる!!!!!
それってなんだかすごくドキドキしちゃう!!

ほら、今まさに僕の心臓が



トクン…
トクン…







口の中が甘いつばで満たされている。







豊田さんー。
豊田さんー。
豊田さんー。
君は右手に包帯してるよね!!


まだはずれないの?
一生、死ぬまでそこにまとわり付かせる気なの!?
君は自分では、ただ右腕に包帯を巻いてるだけにしか思ってないだろうけど
本当は包帯にずっとずっとずっとまとわりつかれているんだよ…?
だから外した方がいいよ…。
じゃないと、僕は君の右腕を肩の付け根から切り落とさなくちゃいけなくなってしまう。


その包帯、みんなはリストカットだって噂してるけど 違うだろう!!
僕はごまかせないよ…
そこには刺青で「青さ」と彫ってあるんだろう
いや 君はとんでもなく美しい
これは本当にマジで…
だから、生きるんだ。どうか生き続けて欲しい。
とにかく君は絶対死んじゃダメなんだ。

死んじゃダメなんだ。



僕も生きている。
僕と同じ保育園に行っていた奴が、この間、車に轢かれて死んだ。
でも、僕は未だに生きている。
生き続けているんだ。それってなんだかとても汚いことかもしれない…。

君、今、寂しさ街道?
僕、今、引きこもり街道!!



あぁ、君の心の中でチロチロと燃えていたであろう炎は何者かによってかき消されてしまった。
まるで氷の部屋と化してしまった、君の心臓はきっと、それを溶かす熱が必要なんだ。

僕が、部屋で鼻糞をほじっている間にも
君は、薄暗い路地のような場所で
泣き
叫び
痛い痛いとわめいているのだろう?

君は僕の知らないところでボコボコに殴られている。
それなのに、僕はそんなこととはつゆ知らずに、マヌケに鼻糞をほじりながら好きなアイドルのでてるテレビを眺めている。

君が痛い痛いと泣き叫んでいても、僕の部屋のテレビから流れる笑い声でかき消されちゃうんだ!
でも、本当は僕が耳を塞いでるだけなのか?
掛け布団を被って、目をギュッとつむって、ブルブルブルブル。してるだけなのか?
そしたら僕は本当に無力だ。

家の前で誰かが殺されても、それから目を背けるために
必死で見ているテレビに全神経を集中させるのだ。


僕には本当に何も無い!!
夜中、コンビニの前で女の人が強姦されていたら、ほんのちょっと見てから逃げてしまう!
でもそれって生き続けることなんだよね!?
生き続けるって、本当に汚いことだよね!?
ねえ!
ねえ!
ねえ!?


僕には本当に何も無い!!
何の力も無い!!
和尚さんがやってきて、僕をジーッと眺めた後
ニヤニヤしながら、半紙に筆で「無力」と書き始める!!





豊田さん…。
豊田さん…。
豊田さん…。


君はとっくの昔に、世界に殺された。
08.10 (Sun) 22:21 [ 日記 ] CM702. TOP▲
以前に人間関係で問題を起こしてきた人間たちが集まり
その中で、新たに健全な人間関係を築き直していこうとするプロジェクト。
それが「人間関係やり直しの会」である。

今回の会に参加したのは、人殺し、ニート、オタク、引きこもり、いじめられっこ、自殺未遂者、障害者などを含めた、22人であった。




井上
「こんにちは。バイト先の店長を殺してしまい、その代役の店長も殺してしまい、その代役の店長も殺してしまった井上と申します^^好きな音楽は山塚アイ関連です^^」

青木
「あ、こんにちは。青木龍一郎です^^友達がマジで出来ませんでした^^
 7年前から友達を作る努力から、友達居ない状況慣れる努力に、転換しました。
 それなのに、夜、さびしくて、布団の中で涙が止まらないときがあります。ちなみに好きな音楽は大塚アイ関連です^^」


横山
「彼女居ない歴=年齢なんて甘ったるいもんじゃないですよ^^
 彼女居ない歴>年齢でございます^^ニート10段横山です。
 あのー、失礼ですが、彼女の作り方教えていただけないでしょうか?」

井上
「ここにそれを知ってる人は多分居ないですよ^^
 あのー、みなさーん!?彼女居た経験のある人ちょっと手を挙げてみてもらえませんかー!?」




ここで、ただ一人、会場の隅の方に居た、長髪・ガリガリ・メガネというツボを抑えた風貌の男・福島がスッと手を挙げた。
会場に居た他の参加者は、一斉に福島をにらみつけた。

男は視線は斜め下45度、半笑いで話し始めた。

福島
「幼女…押入れ…監禁…ジャスコ入店…」


青木龍一郎は井上とヒソヒソ喋った。

青木
「…何あの人?彼女っていうか、誘拐でしょ?幼女を監禁してるんですよね?
 ヤバくないですか?ヤバいですよね?さすがの僕でもドン引きなんですけど…」

井上
「それよりも気になるのは、ジャスコ入店だよ…。
 幼女監禁と、どういう関連性があるの?幼女を家に置きっぱなしで本人はジャスコに行ってるわけ?」

青木
「本当ですよね…。ジャスコの必要性がわけわからんですよね…。なんでそこでジャスコなんだろう…?」

井上
「いや…あいつは、幼女を誘拐したとは言っていないぞ。
 幼女が押入れで寝るのは監禁されてるみたいでもういやだと言ったので
 ジャスコにベッドを買いに行ったといったのではないですか?」


青木
「…あんたは何言ってんだ。何を意味の分からないことを言ってるんだ。
 何?幼女が?押入れで寝るのは監禁されてるみたいだと言った?
 なんじゃそりゃ。意味分からんわ。何なの?死ぬの?」


井上
「なんだ?この野郎。死ぬのはどっちだ?この野郎。ぶっ殺すぞ、この野郎。」

青木
「おいおいおいおい待て待て待て。いいのか?また、人殺しちゃって。
 人間関係やり直すためにここにきたんじゃないのか?
 また、元の暗闇生活に戻るつもりか?良い人間関係築いて再出発するんじゃないのか?」


井上
「そうですね^^なんかすいませんでした^^」


青木
「いえ、僕こそ悪かったです^^仲直りしましょう^^」



横山
「いい光景です、井上さん、青木さん^^」


福島
「しねしねしね~このうんこ野郎ども~」
08.06 (Wed) 23:09 [ 日記 ] CM424. TOP▲