スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長い夜にダンスを教える 

僕は夜中、コンビニの店員をむしょうに殴りたくなって
一番近くのコンビニに向かい始める

家の鍵を閉めないまま、アパートの安い階段を音を立てながら駆け下りる
月明かりに照らされたまま、僕は三輪車に乗って美しい街を静かに駆け抜ける

しばらく静かで真っ暗な街を進み、横断歩道に差し掛かって、赤信号でストップすると
横断歩道の真ん中に豊田さんがいた

「赤だよ、豊田さん、危ないよ、こっちにおいで」
僕は三輪車から手招きをする。



「大丈夫。こんなに深夜にこの道を通る車なんて無いよ。ほら、澄ませてみて、耳。何も聞こえない」
僕は月と信号のLEDに照らされて少しだけ見える豊田さんの笑顔が本気でかわいいと思った。


「今、そっちに行くよ。この信号はあと10秒で青になる」


「なんで分かるの。預言者みたい」
豊田さんがクスクス笑う

「ここら辺の信号の色が変わるタイミング、僕暗記してるんだ。はは。何か、小学生みたいで恥ずかしいや」


「ふふ…じゃあ、そろそろ青になるね、5…4…」
豊田さんは右手を高く挙げ、指で数を数え始めた。

僕も一緒に声をそろえて数を数えた。


「3…2…1……」

信号は音も立てず静かに青に変わった。



「本当だ」
豊田さんがまたクスクス笑う。


僕も横断歩道の真ん中まで三輪車をこいだ。そして僕らは合流し、横断歩道の真ん中で止まったまましゃべり始めた。

「こんばんわ、豊田さん」
少し息を切らしながら挨拶をする。


「こんばんわ、青木君。……今日、寒い」


「寒いね。ところで、どうしてこんなところで一人で居るの」

「それはね…」

「あ、待って、また赤になる。早く渡ろう」

僕は豊田さんの話を遮って、信号を渡り始めた。
豊田さんも黙って後ろについてくる。


後ろで子供がトラックにひかれた。





歩行者道路に移動した僕は再び話始めた。
「もう1回聞くけどどうしてこんなところで一人で居るの」

「青木君にダンスを教えて欲しいの」

「何で、僕がここに来るって分かったの」

「分かる。青木君は今晩、コンビニの店員を殴りたくなるはずだから」

「エスパーみたいだ」

「脳みそのぐるぐるがたまたま今日、青木君と同じリズムなの」

「偶然だね」

「そう、偶然…」


ここで会話が止まって沈黙が訪れた。
豊田さんがたまらずハーと白い息を吐く。

それはモクモクと煙のように立ち上って、暗い空に吸い込まれた。
豊田さんの漏らす息の音も全部、闇に吸い込まれた。



僕は言う。
「まず回ってごらん」

豊田さんは少し笑いながら
そして少し恥ずかしながら
その場で2回クルクルと回った。
「こう?」


「もっとゆっくり。片足で」

豊田さんは自分の足元を見ながら
そして少しふらつきながら
今度はゆっくり丁寧に2回クルクルと回って見せた。
「よくわかんない」


「今のでいいよ。じゃあ、次は僕を思い切り殴るんだ。血が出るくらい。歯が欠けるくらい」

「じゃあ、右でいくね…」


右手を構えたコートの裾からチラリと包帯が見えた。
僕は何ともいえない気分になりながらも
「はい、殴って」
とだけ言った。


豊田さんの少し骨ばった小さい手が僕の頬を思い切り叩きつけた。

その瞬間、僕は血も出なかったし歯も欠けなかったけど

おならが出た。



豊田さんがそれに対して何事もリアクションしなかったので
僕も真面目な顔で居続けた。それに対しては何も触れなかった。




僕は言った。

「今のがダンスだよ」



「ありがとう………ダンスって簡単だね」



僕は黙ったままだった。
どこを見ていたのだろう。
豊田さんの顔だったか。
空だったか。
青さと刺青が彫られたのを隠すための包帯だったか。
何も見ていなかったのかもしれない。
何も見えなかったのかもしれない。


沈黙を塗りつぶすように豊田さんは話を続けた。



「意外と早くおわちゃったね…」



僕が何もしゃべらないのでまた沈黙がやってくる。



「もっと難しいかと思った」

・・・

「もっと早くやってればよかった、こんな簡単なことなら」

・・・

「うん。もっと早くやってれば…」

・・・

「さむーい」

・・・

「…」

・・・

「何か喋ってよ」

豊田さんが笑い出す。


それにつられて僕も少し笑い出した。
冷たい風が通り抜け、近くの電灯のライトが何故かその瞬間に消えた。





「青木君、引っ越すんでしょ」

「引っ越すよ」

「遠い?」

「若干、遠いかも」

「また戻ってくるでしょ」

「うん、普通に。ってか、うん。たまに」



「そっか。…ねえ、1秒だけ目つむって」



「1秒?」


僕はよく分からないまま、目を閉じてまたすぐに開けた。



すると、僕の目の前にはもう豊田さんが居なかった。


一瞬、頭が真っ白になって、その後急いで周りを見渡した。
あたりは灯りもほとんど無い、ただの夜中の街だった。

僕は何故か全身の力が抜け、冷え切ったアスファルトの上に座り込んでしまった。
そして大声で泣き出した。
何だか一生豊田さんに会えない予感がしたからだった。



ただ予感がしただけで、明日の昼間にまた、家の前の公園でばったり会ってたわいのない挨拶をするのかもしれないし
本当に二度とあの笑顔も見れず、声も聞けず、豊田さんの全てが徐々に消えていってしまうかもしれない。


それは僕には分からないけれど、とにかく今夜のこの出来事を忘れないように
僕は今、豊田さんと交わした会話を
一字一句省くことなく、ノートに1万回書くことにした。
スポンサーサイト
[ 2011/03/21 21:51 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

新説!「僕は僕から産まれてきた」 

高校時代の同級生で隣の隣のクラスだった女の子が結婚したという情報が入ってきた。
大坪さんって人らしいんだが、顔が思い出せなかったので卒業アルバムを開いてチェックしてみたら大坪さんの顔の部分だけ切り取られてて、代わりにデーブスペクターの幼少時代の写真がはめ込んであった。


何の面識も無い僕だけど、いくらなんでもまさか結婚式には呼ばれるよね!?
お祝いしたい!!

ブーケとか全力で取っちゃってね!
新郎の父親に本気でボコボコにされちゃったりなんかしたらもう最高!
僕も殴り返してやる!!

なれそめのVTRでも、常に後ろに僕が映っていてその度に招待客たちの悲鳴。
VTRの最後には病気の犬がブルブル震えてる映像が映り、BGMには大音量のスターウォーズのテーマ。
そして赤い血ででっかく「誕生日おめでとう。死ね。」と表示されちゃったりなんかして。



なんて、妄想をしていたら、突然、家の窓ガラスがバリーンと割れて、
外からボディビルダーのようなムキムキの体をして老婆が侵入してきた。


「おい、青木龍一郎、早急に私と結婚をしようじゃないか」


突然のプロポーズに照れて、返事もできずモゴモゴしている僕に老婆はさらに話しかける。


「お前が近所の煎餅屋で万引きをしたとき、結局お前は店の主人に捕まってボコボコにされて、二度と縄跳びのできない体になってしまうんだけど、そのとき、お前は泣きながら『ごめんなさいごめんなさい』と叫び続けた。私はお前が本気で反省しているように見えた。しかし、家に帰ってからお前は録画していたアンパンマンを見ながら大爆笑しているだけだった。さっきの出来事なんて忘れてしまったかのように。そのとき、私は、お前が本当に最低な人間なのだということを悟った。そしてお前と結婚をしなければならない。そう思った。」


僕の心は揺れ動いていた。マッチョな老婆と結婚することで、僕の未来はこの先、明るくなるのか?それについて考えることは、先の見えないトンネルをひたすらに進み続けることだった。


すると、割れてない方の窓ガラスを突き破って、もう一人、ムキムキの体をした老婆が侵入してきた。


僕は叫んだ。
「なんで、無傷の方の窓ガラス割っちゃうんですか、二枚おしゃかになっちゃいましたよ!もう既に一枚突き破られてるんだから、そっちから入ってくださいよ!寒いよ!今、冬だよ!すっげー家の中スースーしてきた!マジ寒いったく…今週末にはまた冷え込みがきつくなるって、今朝の天気予報で言ってたばかりなのに…」


抗議をする僕を2体目のババアがが大笑いしながらなだめた。



「ハッハッハ、まぁ多めに見てくれや龍一郎ちゃんよお。そんなことより遅れてすまなかったな。wikipediaの色んなページを勝手に改ざんして嘘情報ばっか書き込んでたら、遅くなっちまってね。結局、今、運営にアカウト削除されちったよ!ハッハッハ!まぁ複アカいっぱいもってるから問題無いんだけどな!こんど龍一郎ちゃんのページ作ってやるよ!wikipedeiaに!ハッハッハ!」


「ちょっと、やめてくださいよ!」


「就職の際に『僕、wikipediaに載ってます』って言えばいいじゃないか!」


「ただのヤバい奴じゃないですか!」


1体目のババアが大声をあげた
「途中から入ってきていつまで喋ってんだい!くだらないおしゃべり問答はさっさと終わりにしちまいな!今、こっちはプロポーズの途中なんだよ!さぁ、龍一郎、どうするんだい!私と結婚してくれるのかい!?」


僕は「ちょっと待って」と言って、キッチンに走っていった。



1体目のババアは期待をこめたような口調で言った。
「なんだい?サプライズかい?クリスタルダイヤモンドの婚約指輪のご登場ってかい?さすが、龍一郎、粋なことしてくれんじゃないかい」
2体目のババアも続く。
「サプライズだよ、きっと。あんた良かったじゃないか。新婚旅行のプラン決めは私にも相談してくれよ、この野郎!お幸せに!」



僕はキッチンの下の扉を開けて、出刃包丁を取り出し、ババアに向かって走っていった。
ババアが僕に気づき「おや」という表情をしたときには、既に僕はババアの腹に包丁を突き刺していた。

「…!?何すんだいこの野郎!!」

ババアの太い腕が僕の横っ面をとらえた、僕は後ろに吹っ飛び壁に頭をぶつけた。
ババアは怒りに満ちた表情で、壁際に倒れ込む僕にゆっくり近づいてくる。
腹から噴出す血が僕の顔にかかる。


僕は落とした包丁を拾い、もう一度、今度はババアの右胸に突き刺した。

「うっ…」と声を漏らし、ババアはフラフラと後ろによろけた。

さらに僕はババアの顔を斜めに切りつけた。勢い良く血しぶきが飛び出した。



2体目のババアは青ざめた顔で腰を抜かした。


血まみれになった1体目のババアは、そのまま床に倒れ込んだ。
そして最後に一瞬、とてつもなく恐ろしい目つきで僕を睨み、そのまま死んでいった。


僕は動けないでいる2体目のババアに言った。



「コカ・コーラ環境教育賞は、環境ボランティア活動の助成・支援を通して、環境教育・環境保全活動を促進する事を目的に、1994年に創設されました。以来、15年にわたり、環境教育に関する活動が顕著である団体・個人を顕彰しています。2009年より、小中学生を対象にした地域社会の環境教育に関する活動実績を顕彰する「活動表彰部門」と高校生および大学生による環境保全・環境啓発に寄与する新しい企画を支援する「次世代支援部門」の2部門制で実施しています。」



2体目のババアは

「こないだの宅飲み、マジでキツかったwウィスキーと焼酎の交互飲みで速攻頭痛wwってか、あたしスマブラとかしたことないのにとしき君が『スマブラで負けた奴が一気ね^^』とか軽く言うから結局あたしばっか飲まされてたかんねwwwww」


と言って逃げだした。




僕は1体目のババアの死体を担いで、東京に向かった。

新宿・湘南ラインで宇都宮から1時間40分。新宿から山手線に乗り換え、そのまま品川まで行き、その構内にババアを置いて僕は再び東北本線の通勤快速を使い、宇都宮に戻った。



テレビをつけると、ニュースで早速、ババアの死体のニュースが報道されていたのでチャンネルを変えて、ピラメキーノを見た。








さ~て、来週のサザエさんはぁ~?


「マスオです。この間、カツオ君がうるさかったので、本気で手が出てしまいました。
 カツオ君は床に倒れこみ、うつむきながらしきりに震えていました。
 …さて来週は
 『ワカメ、女子友達数名と体育をズル見学して、グラウンドの隅でひたすらジャニーズの誰とセックスしたいかをキャッキャ言いながら喋る』
 『サザエ、夕飯の途中に突然「自分のブログにBGM流すように設定してる奴って何考えてるの?いちいち停止ボタン押すの面倒だし、勝手に自分の趣味の音楽聴かせんなっつーの。プレイヤーあるだけで、サイト自体重くて開くの遅くなんだけど」と言い出し、その場が変な空気になる』
 『波平、茄子を蹴る』
 の3本です」


それではまた見てくださいね~、ジャ~ンケ~ンポ~ン、キャキャキャキャキャキャ!!!!!!!!!
[ 2011/03/10 11:44 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。