スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

月を隠すのかい 

夕方の6時。
家の玄関をコンコンと叩く音がした。



僕は外が怖いのでとりあえず無視した。


コンコン。


無視。


コンコン。


無視。



………"世界中~ほら~笑ってる~空~♪"



ノックに効果に効果が無いと判断した訪問者は
家の玄関先で急にラジカセを再生しはじめた。
明るい曲調のJ-POPが鉄の扉をすり抜けてくる。



"さあ立ち上がって oh yeah~♪oh yeah~♪"




…ORANGE RANGEのビバ★ロックだ。
しかもどうやらi tunesの視聴のやつをそのままマイクで録音したものらしく
30秒たつところでまた最初に戻る。それの繰り返しだ。
異様に音も悪い。



"世界中~ほら~笑ってる~空~♪"

"さあ立ち上がって oh yeah~♪oh yeah~♪"

"世界中~ほら~笑ってる~空~♪"

"さあ立ち上がって oh yeah~♪oh yeah~♪"




誰だか知らないがうるさい奴だ。
そもそも、この曲自体にいい思い出が無い。
小学校の頃、朝の会の後に設けられた「クラスの唄」という
謎のコーナーがあった。
そこではクラスのみんなに歌いたい歌を紙に書いてもらって
もっともリクエストの多かった曲を毎朝みんなで歌うのだが
そこで歌わされたのがこのビバ★ロックだった。

ちなみに僕は
「忍忍!忍者りゅっくんは忍び世界一の天才忍者である!
 分身の術やりすぎて、この間トイレしてるときとかうんこも分身してた。」
と書いた。

その後、僕は担任に呼び出されて
タイヤを積み上げてできた子供一人スッポリ入る穴に監禁されて
火あぶりにされて
「及川奈央老けないよね~!」って絶叫しながら
一回死んでるんだけど
やはり、その時の悔しさとかそういったものがこみあげてくるのが
この歌を聴くときだった。




僕はたまらず玄関を開けた。



「うるせえコラア!ぶっ殺されてえのか!?
 『太ったから』という理由だけでゴスペル始めた女のどうでもいい話2時間聞かせてやろうかあ!?」



そこに立っていたのは異様に背の小さい老婆だった。
手には謎の赤いスイッチを持っている。



「あ、なんだテメ、ババアこらあ!
 俺は結構平気でおばあちゃんのケツとか思いっきり蹴れるタイプの人間だぞコラ!!
 そのデコのしわの一本一本に塩こんぶはさんでやろうか!?
 パラパラ落ちてくる塩が目に入って悶絶上等だぞこの野郎!?」


老婆は全くひるまずに赤いスイッチを差し出しながら言った?



「今宵の月はどういたしましょうか?」



「…どういうことだ」



「今日はあなたの番ですよ、今宵の月はどういたしましょうか?」





ここで僕は真顔で「もう少し詳しく説明してください」と裏声で呟いた。




「このスイッチは今宵の月をコントロールできるスイッチでござります。
 これを押しますと今宵、この空に月が出る仕組みになっております。
 押しませぬと今宵の月は雲に隠れて見えることはありませぬ。」




僕はその瞬間迷わずスイッチを押した。
そして呟いた。




「全てを肯定することを放棄してみました。」



「ふむ、否定は決して存在を打ち消すことではございませぬ。
 否定は新たなものを生み出す一歩の可能性もございます。
 この月を求めてる人、この月を美しいと思う人、この月で笑う人、おりまする。
 この月を忌み嫌う人、この月を汚らわしいと思う人、この月で泣く人、おりまする。」



「好き放題選んでいくことが人生だとしたら、
 考えすぎることに抑圧されることは死んでいることなのでしょうか」


「あなたは今、好き放題選んでしまった。
 躍動する心を加速させてしまった。」


「僕は今、立ち向かったのですか。逃げてしまったのですか」


「どちらともでございます。」


「おばあさん、それも逃げだよ、あんた。
 選ぶものを最初からすべて無くしてしまっている」


「それも選択でございます」


「それだって逃げだよ。堂々巡りだ。
 自分の中に最初からすべてを肯定するシステムを作り上げている。
 『選択する』という行為自体に何ら境界を設けてない。」


「それも選択でございます」


「システムに束縛されてる。
 自分のシステムだ」


「それも選択でございます」



「迷うかどうかも?」



「全てでございます」



「それじゃあ、どうしようもないスパイラルだ。
 全てのことが選択の集合だとしたら、あなたのそのスイッチなんて
 1ミリの意味も成さない。
 たとえばさ、月が美しいか美しくないか、どちらに感じるかは
 あなたが選ぶことなのか?そんなはずは無いよ。どうかしてる。」



その時、スイッチの通り、空にうすらと月が出始めた。



老婆はそれを指差して
「綺麗な満月でごじゃりましゅる」
と言った。

ためらいもなく言った。
そして、それ以上は何も言わず、僕の前から立ち去った。


部屋に戻り床に寝っころがるとカーテンの隙間から
丸丸のお月様がちらと見えた。

「みんなこれ見てるのかな…
 これ、今日のこの綺麗な月、僕が出したんだぞ…
 みんな、見てるのかな…綺麗とか思ってるのかな…」





たぶん、みーんな見てるんだよ、案外。

スポンサーサイト
[ 2011/08/31 01:52 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

股ずれハピネス(アジアの子役は全員クズ) 


ブログの管理画面に入ったら昔の記事に

「今日初めて曲聴きました。
この頃の切なさが薄れて平凡な狂気だけが残った感じですね。
なんつーか、微妙な気分だわ畜生。」

ってコメントが届いてて、すごく傷ついて泣いちゃったんだけど
こんなふざけた奴、腕づくでぶっ飛ばせばいいよね!?
ってかお前誰だよ笑
来月の第3土曜日、渋谷のSKE48の公式ショップの前で会おうぜ!?
喧嘩しようぜ!!シュッ!シュッ!鋼鉄の右ストレート!!



今日飲んだペットボトルのお茶は渋味にこだわりすぎた結果、ただの苦い水になっていた。


君は異彩を放ちすぎてブレている。


ちょっと待って!みんな!
ガンジーが何か喋った!
静かにして!!


ガンジー「俺って実質上、職業ニートなん?」


その瞬間、ガンジーのまわりにいる僧侶たちは一斉に笑い出して
その後、再び静かになりみんな今度は一斉に無表情になった。
そこに一人のおばさんがゆっくりと歩いてきて
「みんな何やってんの?仕事に戻りなさい」
って言ったので、みんな奴隷の仕事に戻った。




友達にCD貸してって言って、そのCDを手渡してもらった瞬間、そのCDを思い切りパキンって割る。
そうすると、その友達が一瞬する何とも言えない事態を飲み込めてない感じの表情が面白すぎるので
最近、ちょくちょくそれやっちゃう。
友達はね、うん、順調に減ってる。
今月中に全員無くせればいい方かな。



僕が街頭インタビュー受けたら
「引きこもり(19)」
ってちゃんと表示されるのかな。

マイクへし折ってインタビュアーボコボコにしてやる。
報道陣は嫌いだ。





浜辺で海に向かってマシンガン撃ち込みたい。





この世界の全人類が4つんばいになればいいのに。
そのうち手も足も使わず芋虫みたいに地面を這いつくばるようになる。
そうすればさ、意外と戦争無くせるんじゃない!?
今月中に全部無くせればいい方かな。




青木龍一郎君は街でカップルを見つけたので、指差して
「あいつ思い出持ちすぎ」
って言いました。



僕を悲しくさせる奴、全員、大嫌い。




マツコデラックス・オブ・ジョイトイ。


皆が「インリン」と愛称する中僕だけは
「オブジョイトイ」と呼んでいた。

嘘だよ。

普通にインリンって呼んでたよ。
馬鹿じゃないの。


そうです馬鹿なんです。





少女時代は暗黒時代となるだろう。



バッキンガム宮殿の売店には
「バッキンガム」っていうガムが売ってるの?
王様味と王女味の2種類!!
ってか僕は青木王国の王様ですので!
敬えよ!

青木王国は暗黒時代となるだろう。





ならねーよ!
半永久的に安泰だよ!
だって僕しか居ないもん!
いじめられっこ一人に壊滅状態まで追い込まれる国なかなか居ないだろ?


よだれジュース。





クララがダッタ~ン♪ボヨヨンボヨヨ~ン♪
ラーメン屋にクララのサインがあると思ったらあややだった。



SUMMER SONICは今年で終了し、来年からは大山のぶよSONICになるらしいです。



野宮に「過去に固執すんなよ」って言ったら
「俺は過去を過去にしないんだよ」って言ってきたので一瞬かっこいいこと言ったのかなと思ったんだけどよく考えたら
「いや、過去に固執する」って言ってるだけだった。


twitterで僕が「今、電車の目の前の席に青木龍一郎が寝てるなう!」ってつぶやいたら
みんなから一斉に
「いや、お前誰やね~ん!」
ってツッコミもらえるかな!?

ううん!!そんなことないよね!!
多分、その日から執拗な無言電話攻撃が始まる。


ある日、我が家の電話に「うんこをちんこに塗ってパーリナイ!」ってだけ留守番電話が入ってたので
うわイタズラ電話じゃんって思って、腹立ってその番号にこっちからリダイヤルしてやったら
内閣機密国家室につながったって話、君、信ずるかい!



信じた奴、全員殺す。


確実に笑いのとれるやり方で殺す。





ジムキャリーとのセックス。


元祖飛び降り俳優窪塚とひげ男爵の髭デブの方のセックス。




スマホでtwitterにアクセスしようとするといつも403 forbiddenなので久々にきれちまった。



まだ自分でエゴサーチしちゃうくらいマイナーなグラビアアイドルで自分好みの子を一人見つけて
その子のこといっぱい呟けば僕の存在知ってもらえるんじゃね!?
ようし!そうと決まれば早速、根本はるみさんのツイートを乱射しまくってやるぜ!!
根本はるみさんって今52歳くらいだっけ?



隣の家から
「あっ!今見えた!!!微妙に見えた!!ちょっと見えたよ!!一瞬見えたよ!!」
っていうキモい声が聞こえてきたので
たぶん乳首が見えるか見えないかくらいの際どいシーン満載のエロアニメでも見てるんだろう。


オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい
オタクの聴く音楽はダサい



「あっ!まろやかな味付けですね~!」






今思ったんだけどエロくない動物が誕生したら子孫繁栄せずにすぐ滅びるよね。



ハムスター錦野。




KAT-TUNが何か、この世界はフェイクだとかリアルを探し求めろとかそんなこと歌っていたので
リビングでボーッと横になっていた僕は

「えっ、この世界嘘なの!?リアルを探し求めちゃいけないの!?」

って飛び起きて、急いで身支度を整えて家の玄関飛び出したんだけど
コンビニの前で高校生カップルが二人でポッキーのチョコの部分を二人でレロレロなめ合ってたので
「あ、リアル見つけた、簡単に見つかった」
つってすぐまた家戻ってきて、うんこしながら歯磨いて、飼ってるメス猫のおっぱいちょっと揉んで寝た。
世界(笑)キキキ(笑)



ありふれた未来?
ありふれた未来でも十分じゃん!

普通のとこに就職して働いてちょっと趣味やって。
そんな未来だって十分輝いてんじゃん!?



「みんなと同じじゃ嫌だ」って思考がもうみんなと同じなんだからゴタゴタ言わずにさっさとありふれた未来に向かって歩き出せよ!

ありふれた未来?

ありふれた未来?

ありふれた未来?

ありふれた未来でも十分じゃん!

普通のとこに就職して働いてちょっと趣味やって。
そんな未来だって十分輝いてんじゃん!?
輝きすぎて逆に見えない。という。


僕はスネの毛を縦横4センチの正方形の形剃ったので
それを見た人は恐らく、そこになんらかの結界が貼ってあると思うだろう。
またはセーブポイント。
そこだけトゥントゥルテンだからね。






★詳細は知りたい人は【ここ】をダブルクリック!!★







ダブルクリックで済むと思うなよ?



今、ついてるテレビのアニメに出てる子、髪の毛パープルだけど可愛い。


僕選手権、優勝僕。




夏なんてあっという間に終わってしまうけど
夏バテはなかなか終わらないですよね!(煮汁は没収)
[ 2011/08/26 02:31 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

青木龍一郎トークライブ 

山奥に用意された特設ステージで
青木龍一郎のトークライブが行われた。
2日間にわたって行われるそのイベント、1日目の観客は30人強だった。
(そのうち半分がヘルニア)

まず青木龍一郎はツカミのネタとして
最近おこったすべらない話を披露することにした。


「僕がコンビニに行っていたときの話をします。
そしてコンビニの中に入っていた。

そこに一人のおっさんがやってきた。
おっさんはもちろん、ハゲていて、白いランニングだ。
だから自転車に乗ってないからハンドル持ったふりして歩いています。
しかし、僕は僕が踊っているかと思った。
その理由はおっさんがハンドルを持ったフリをしているのです。
何故かというと、一人もいない人の前でそれは踊っているという点だ。

僕はこう言いながら、おっさんはどんどん近くにやってきた。
「どの場所だ!こうしているのはお前も分かるでしょう?」
僕はそう言った。

おっさんは笑ってニヤーってしながらハンドル持ったフリを
したまま急に笑い出しました。

「ここにやってきた」
「何故だ!!」
その理由は何回も言ったので、もううんざりかと思った。


一瞬でそこが静かになったが、あたりの静かなのはどんどん増していくばかりだからだ。
一人のおっさんは僕に対して、自分が何故そういうことをしているのかを。話す理由を何回も教えてくれるのだが、自転車に乗っているはずなのでは?
本物だったら怖くなってきたときに頭の中で思い浮かべてみたのだ!」



「ちょっと待って!」
ここで一人の観客が急に大声で話を中断させた。

「何か?」
青木龍一郎は観客の方を向いた。

「ごめん、本当に何言ってるか分かんない!内容が一切伝わってこない!」



二日目、青木龍一郎トークライブの観客は0人だった。
ステージの上で全裸で踊る青木龍一郎。
ユニークな青年、青木龍一郎。

[ 2011/08/07 15:46 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

控えめな絵文字と共に君に愛とうんこを伝えよう 

「関東チェーンソーチェーンソーズ大好きです。
 初めて読んでから衝撃を受け一気に全部の作品を読みました。
 まだドキドキしています。」

「青木さんの作品を楽しみにしているものです
 また昔のように毎日文章を更新してくれたりはしないのでしょうか
 とても大好きな雰囲気なので楽しみにしています。
 急で一方的なファンメール失礼しました」

「最近またちょくちょく文章作品の方更新されていてうれしいです=*^-^*=
 ってか関チェの方の更新はもうあんまりしないんでしょうか!?
 またパンダくんとかモモサキとか吉田くんの名台詞を聞きたいような…(笑
 本当、青木君の文章大好きなのでこれからも応援しております!」

















これは僕が僕に送ったメールだ。
そう、世の中は虚構だらけだ。
応急処置的に自尊心を愛でたい時
僕はよくこのようなメールを作り
自分に送っている。
間違えて別の友人に送ってしまったときは
少しばかり説明と釈明にてこずったが
今もまだ続けているライフワークだ。

色々な人に扮して自分にメールを送り続けてる。
特にお気に入りなのは「ゆりぴょ」という女子高生の子だ。

この子は僕の文章を読み
僕に恋している。
そして毎晩、HASAMI groupの音楽をBGMに
僕の文章でオナニーしている淫乱ドスケベ変態JKだ。

本名、坂本由理恵。
群馬に住んでいる子だ。

「青木さん、お久しぶりですーゆりぴょですー(〃 ´  ▽  `  )ノ
 新作読みました!もおおおおお、めっちゃ良かったです!
 というか、やっぱ凄い世界観!!
 電車の中でも何度も何度も読み直して本当マジ青木中毒になってます(; ̄ー ̄A」


僕はゆりぴょに返信する


「キュキュキュキュキュキュキュキュキュリリリリリリリ~ン☆☆☆
 読んでいただけましたかあああああああああああああ!!
 マジ感謝感激雨あられ!!あられのフリ杉で庭先真っ白状態でごじゃりまする笑笑笑←
 拙者はゆりゆり嬢に読んでいただくためだけにパソコンに向かっている感じでござる!!
 というかゆりゆり嬢どうされましたかあああああああああああああああ!!
 ハっ…青木中毒…僕の猛毒についに感染なされましたなああああああO(≧▽≦)O
 号外~!号外~!ついにゆりゆり嬢が拙者のメロメロ毒に感染なされました~!
 ってな感じで一面トップ号外、出ましたぁ~笑笑笑
 じゃじゃじゃじゃあ明日の記事では、もっとゆりゆり嬢をメロメロにさせちゃおうかなっワラ←」




坂本由理恵は地元の私立高校の一番馬鹿なコースに所属している。
昔から良く聴いているのはYUKIととART-SCHOOLとSyrup16。
最近は調子に乗ってBuffalo'3、Droog、Psysalia Psysalis Psycheとかを聴いている。
中3のころから化粧をしていて、最近酒を飲み始めた。
素行の悪い子では無い。
悪いことは一切しないが周りにつられて色気づきはじめていた。



それからも僕は
「どもどもです。ゆりぴょです^^」
で始まる、自分を賛美するメールを送り続けた。
ゆりぴょに変身して返信し続けた。


それは絶え間ない自己演出による空想のコミュニケーションだった。

それがくだらない妄想だとしても僕にとっては大切な自己防衛だった
世界中の有識者が絶望するくらいくだらなくなったって僕は妄想をやめることはできなかった。

100通のメールが1ミリも意味を成さなかったとしても
101通目のメールで世界が全て変わることだってある。
だから送り続けるのだ。


それと同じだ。
僕の書き続けている詩はプリントアウトして焚火の材料に出来る。
上質な紙は有害ガスの発生を幾分抑えることができるよ。


みんな、詩を書こう。
そして、それを賛美してくれる人間を作ろう。
そいつが凄くスケベだと都合がいい。



僕はうんこをしたくなったとき
うんこがしたいと
詩に書くのか

僕が人を殺したくなったとき
人を殺したいと
詩に書くのか

それはきっと少し違う

悲しいことも嬉しいことも全部同じ言葉にして吐き出してしまうのだ



なだらかな運命にしたがって
ゆっくりと動き続ける人間関係。
飽き飽きとしてしまいそうな
ぬるま湯の風景。









ゆりぴょ愛してる。



酒が入ってふらふらのゆりぴょの後ろで
僕はずっと倒れてきたゆりぴょを抑えられるように
構えている。

ゆりぴょはたぶん苦しんで死ぬ。
僕の心を安らげるためだけに生まれてきた少女だから。
[ 2011/08/03 23:52 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

下痢糞さん太郎 

同級生の大学のゼミメイトが最近よく八王子の980円のピンサロに
行ってるらしいので、僕はスーパーから大量に寿司を買い込んできて
全部近くのドブ川に捨ててみた。
甘海老だけがプカプカと浮かび続けあとは全部沈んだ。




来月で20歳だってのに
僕は青春に固執している。


自分の作った関東チェーンソーチェーンソーのページを覗いてみる。
【15歳のころに書いた詩】
とか書いてあって僕が高校時代に書いた作品が時系列で並べてあった。
僕はそんな青春時代のポエムたちを読み返しながら
やっぱり自分は天才だと再確認するんだけど
そうすると、どうも今の自分が置かれている状況とつじつまが合っていない。

僕は物心ついてから今までずっと自分のことを天才だと思い続け
それを周囲に主張し続け、順調に友達を減らしてきたんだけど、それってどうなんだろう。

僕は物心ついてから本当に自分のことを天才だと思い続けてきた。
時に「僕は平凡な男だ」と心にも無いことを言ってバランスをとることも覚えた。
世間は自画自賛する人間が嫌いだし、僕もそういうやつらは好きじゃないからだ。



自分の中の歴史を変えたいなら
まず今まで書いた詩を全部書き直す必要がある
全部だ。


まずは今まで詩に書いてきた「うんこ」という単語を
全て「希望」という言葉に変える必要がある。
自分のブログの記事検索で「うんこ」を検索したら56件ヒットした。
「うんこ」という記事のタイトルまで出てくる始末。
(ちなみに「死」で検索すると167件ヒットした)
可愛いね!世界!



うんこ「青木君」
青木「あ?」
うんこ「僕を書いてくれてありがとう!」
青木「うるせー殺すぞ臭ぇーなこっち来んな死ね」
うんこ「そんな強がっちゃって!本当は僕らのこと大好きなんでしょう!?」
青木「うるせーっつってんじゃん、マジで殺すよ?」
うんこ「素直になりなよ」
青木「素直だわ。田舎の飼い犬並に素直だわ」


僕はうんこに付きまとわれている。
朝起きると窓からうんこがのぞいている。
毎晩夜の8時になるとうんこが我が家のチャイムを鳴らしてくる。
うんこからの無言電話。
3日ごとにポストに投函されるうんこからのラブレター。
中には
「青木君愛してる。味噌の代わりにうんこ汁を飲むと体にいい。←蔵出しお得情報」
と書かれている。
それを呼んだ瞬間僕は「きゃー」と猿のおかまみたいな声で悲鳴をあげる。


僕の青春がうんこにまみれていたのもきっとこのせいだ。
糞春になってしまった。


頼んでも居ないのにAmazonからお届け物が届く。
中身は勿論、隙間なく詰められたうんこ。

やったね…Amazonポイントがまた溜まったね…。

下痢糞を冷やしてシャーベットにするとおいしい。



誰か知り合いAV出ねぇかなあ。
女っておっぱいあるから好き。

味の無いガムを噛み続けてたらまた味が復活してきたので
お菓子会社にクレーム入れたら
電話出たのが外人で話通じなかった。
[ 2011/08/03 23:09 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。