ランチタイム麻薬中毒 

定食屋に行った時の話。
定食屋に行ったんだけど店に入っても客はおろか
店員すら居ないみたいなんですよね。

そんで僕は「すいませーん」って声を出したの。
すると厨房の奥から「ぁなゃああ」って声が聞こえてくるんです。

どうやら店員はいるみたいなので僕は更に「すいませーん」って声を出したんです。
そしたらまた厨房から同じ声。
「ぁなゃああ」って。

ふざけてんのかな?

僕はブチギレて、そこらじゅうのテーブルとかイスを蹴飛ばしまくって
壁にかけてあったミスチルのドラムの人のサインとか叩き割って
店に置いてある割り箸全部割って、コップを床にガシャンガシャン叩きつけたんです。

僕はさらに「すいませーんすいませーん」と言いながらテーブルの調味料を全て床にばら撒いた。
店の電気は全て破壊し、壁はチェーンソーでぶった切った。

続いてハンマーで店の柱とかを叩き割って、もうその定職屋グラグラ状態。
そんで、じゃあそろそろ店の奥にいるぁなゃ野郎を殺しに行こうかなって思ったら
厨房から身長が2m47cmくらいあってしかも超マッチョで、しかも顔的に滅茶苦茶強そうな奴が
ドワーン!って出てきてなんか超「シュー…シュー…」って言ってるんですね。

僕はここでひるんではいけないと思い
国歌の歌詞を歌わずに叫びながら、ハンマーを滅茶苦茶に振り回しました。

「きみがよわああああああああああああ!!
 ちよにやちよにいいいいいいいいいい!!」

マッチョマンは
「よくも拙者の飯屋で暴れてくれたでござるな…」
とか言って腕ボキボキならしてくるんですよ。
ポキポキじゃなくて。ボキボキ。

死んだなって。思いましたよね。

マッチョマンは「フンッ」と言って僕の首を鷲づかみ、天井に僕を打ち付けました。

「ぐわああああああああああああああっ!」


しかし、僕はチェーンソーを持っています。
一発逆転をかけて僕はチェーンソーをマッチョマンの首めがけて
自民、公明両党の幹事長、国対委員長らは6日会談し、揮発油税などの暫定税率の存廃問題で、民主党に10年間の延長を盛り込んだ租税特別措置法案への対案を提出するよう求める方針で一致した。衆参両院議長によるあっせんには「各党間で合意が得られたものは修正する」ことが明記されたが、自民党道路族に修正への抵抗は根強い。与党側は、野党も一枚岩ではないことを見越し、まずは民主党に球を投げた形だ。与野党協議の行方は不透明感が漂っている。

 「民主党も議長あっせんを受け入れた限りは、充実した審議の条件づくりをすべきだ」。自民党の伊吹文明幹事長は6日、首相官邸で記者団に対案の必要性を強調した。自民党内は、08年度予算案の組み替えにつながる修正は不可能との見解では一致している。

 ただ、中川秀直元幹事長が1月31日の町村派総会で「一般財源化や環境税も議論して良い」と述べるなど、修正に柔軟な意見も一部にある。しかし中川氏の発言を受け、運輸族のベテラン二階俊博総務会長は「何でも応じますというのは不見識な話だ」とけん制した。与党方針には、民主党に球を投げている間に党内論議を落ち着かせる狙いもある。

 一方、民主党は与党の姿勢を「抱きつき(クリンチ)戦術」とみて警戒している。山岡賢次国対委員長は6日の記者会見で「民主党のスタンスは明快で対案を出すまでもない。小手先の取引はしない」と要求に応じない考えを示した。

 ただ、同党は以前から、一般財源化と暫定税率撤廃を盛り込んだ法案の提出準備を進めている。直嶋正行政調会長が6日の記者会見で「民主党の考え方を示す法案で、出したから修正協議に乗るということではない」と強調したが、党内は混乱気味だ。民主党も政府・与党を追い込む見通しは立っていない。

 小沢一郎代表が5日の会見で、暫定税率での修正協議の可能性を示唆したのも、政府案が無修正で年度内に成立するという「全敗」を避ける道を模索する狙いがあるとみられる。
スポンサーサイト
[ 2008/02/06 22:48 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)