西崎などについて 

なんで更新が途絶えてたかというと、フレッツがインターネットをなかなか修理してくれなかったから。





僕もどっかのアイドルブログみたいに記事の最後に毎回「=りゅういちろう=」って書こうかな。
書くわけねえだろ。
死ね。




さて、関東チェーンソーチェーンソーズも最低なことに3月12日で一周年記念ということで
「人の筆箱を見たがる奴を殺す会副会長・青木龍一郎と地獄で遊ぼう!」
というイベントを現在進めている。
今回こそ本気です。もうこんなことにはなりたくありません。
僕のブログ読者は異様に笑えないくらい福島県の方々が多いので福島でやりますか?
(つつあを抜かしても少なくとも20人くらい常連が居るんですよ!)
とにかく老若男女集まってみんなで遊ぼうって。
マジで。
僕が意外とイケメンだからってビックリするなよ~。





今日、道端で聞いた会話

「西崎とはあまり関わらないほうがいいぞ」
「え?何でですか?」
「頭おかしいからな。…お前、萌えキャラって分かるか?」
「え。いわゆるハルヒとかみなみけとかいうアニメのやつですよね」
「まあ、大体そんな感じだな。こちらをハートを掴むアニメキャラだ」
「それがどうしたんですか」
「西崎にとっての萌えキャラはちびまるこちゃんのお姉ちゃんだ」
「え!?あの絵柄に萌えることが出来る人間っているんですか?」
「常人には不可能だ。だが奴はあれに萌え萌えする変態だ。ちびまるこ姉画像を集めてハアハアしてる」
「狂ってる…」
「そうだろ?分かってくれたか。西崎という男を…」
「はい…。気をつけます」
「よし、そうと決まれば今日もおさわりパブ行くかー!!」
「あっ、待ってください!先輩!先パァ~イ!!」


そう言って二人は電車ごっこの真似をしながら夜の街へと消えていった。
彼らが何者なのかは分からないがその西崎という男に会ってみたいと思った。
その直後、僕は車に轢かれた。


僕はすぐさま立ち上がり
「危ねえなコラ!ぶち殺すぞ!オラアアアアアア!!」
と車に向かっていった。

そして車の窓を金属バットでガンガン叩き叫んだ。
「オラオラさっさと出てこいやああああああ!!早くせんとホンマ撲殺すっぞ!!嗚呼!?」

すると、車の窓がウィーンって開いて中から青白い顔をしたハゲが顔を出してきた。
顔にはいかにも味が無くなったかのような色合いをしたガムがひっついている。
誰かにつけられたのか。
はたまた気が狂って自らのツラに貼り付けたのか。

その男は生気を吸い取られたような顔をして言った。

「轢いてゴメン。」



僕はその男の頭を両手で鷲づかみ、車の外に引き摺り下ろした。
そして、釘バットでボコボコに殴りつけながら言った。
「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラアアアアアア!!
 死に晒せハゲクズがああああああ!!」


すると、そのハゲの着ているジャージの胸を部分に「西崎」と刺繍がしてあった。








こ  い  つ  が  西  崎  だ  。





Σ(゚口゚;





(・・*)





(・・、)





ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴメンナサアアアアアアアイ。・゚゚・(>O<)・゚゚・






僕は逃げ出した。
まるこ姉に萌えるような強者に僕が勝てるわけない。



逃げている途中に
デヴィ婦人の顔がプリントされており、その下に「↑ちびまるこのお姉ちゃん」と書かれている
衝撃的なTシャツを着た男とすれ違った。

パニックだ。






結局、あの車の男とTシャツの男
どっちが噂されていた西崎だったのかは定かではない。
しかし、一青窈さんの素晴らしさは何かあろうと変わらないのである。




 
                                           =りゅういちろう=
スポンサーサイト
[ 2008/03/09 12:15 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)