スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日記 

携帯電話のCMで何か変な外人がミッキーマウスマーチを英語で歌ってるを観た。
その外人殺したくなった。

ミッキィ~マァ~アァ~ス♪

とか聞こえてくると、包丁持ち出して、剥き出しの憎悪で
鬼のような形相で「死ね!死ね!」ってテレビ画面に包丁を突き刺しちゃうんだけど。


でも僕は人を殺したりはしない。


よく、ゲームの世界と現実の世界の境界線が分からなくなってしまって
現実世界で人間をゲームのように大量に殺しまくる。
ってのあるけど、僕の場合はゲームの世界と現実の世界の境界線が分からなくなってしまって
ゲーム内でも人殺さない。ゲームの中も現実世界だと思っちゃってるから全然、敵、倒せないの。



これが引きこもりの実力だ。

全国の青春少年たち。
僕に勝てる気があるのなら、僕の家に来い。
すぐに追い返してやる。
一生分のトラウマを手土産に持たせてな。


僕の部屋のドアには黒マジックで「HIKIKOMORING…」と書かれているから。
是非、来い。
すぐに追い返してやる。
一生分のトラウマを手土産に持たせてな。


しかし、ずっと部屋に閉じこもってると、心の中の裸電球の光はものすごいスピードで明るさを失ってゆく。
暗闇となった僕から生み出されるものと言えばこんなもの。



【田舎の高校生の娯楽を10個あげてみよう】
①お菓子作り
②輪ゴムいじり
③自殺
④キス
⑤近所の老人をからかう
⑥一人嘔吐選手権
⑦殺人
⑧いじめ
⑨痴漢
⑩強姦


だから、外に出なくてはならない。
外に出れば、僕のことをぶん殴ってくる奴らばかりだし、僕もそれに出来る限り抵抗をする。
ぶん殴られれば、僕も殴り返すし、相手は更に殴り返してくる。
ここで、僕は泣き出してしまう。
その場に崩れこんで号泣しながら、紙の毛を掻き毟る。
一瞬、泣くのをストップし1秒間「イヒヒ!」って笑ってからまた泣き出す。

ふと、上を向くと街頭モニターに「ワラッテイイトモ」が上映されている。
その日のワラッテイイトモの放送の最初のアルタ前映像には泣き崩れる青木龍一郎が映し出されていたと言う。
タモリは番組内でそんな僕を批判したらしい。
テレフォンショッキングのCM中は、僕に対する罵倒と卑猥な言葉の連呼で終わってしまったらしい。

復讐として僕は番組の最後のミニゲームコーナーに乱入した。
そのときのミニゲームは「とにかく早く風船を割る」という内容のものだった。
出演者たちは交代で、風船に吹き矢をとばしていき30秒程度で全ての風船を割り終わった。

そこに青木龍一郎の乱入である。
全身に20~30個の風船をつけて突如ステージの上に現れ
「終わってないよ!まだ全部割ってないよ!ほら、まだこんなに残ってるよ!!ほら見て!まだこんなに風船あるよ!」
とわめき散らした。

出演者はそんな僕の顔に一斉に吹き矢を放ち始めた。
顔から血を垂らしながら僕は「笑って笑ってー…いいともー!!」と叫んだ。

それと同時に番組は終わった。
気づいたときには既に死刑台の上であった。
ウケる。


次の日からタモリによる嫌がらせは毎日のように続いた。
夜中タモリから電話がかかってきて、延々とベトナム戦争の話を聞かされ続けた。
毎晩毎晩だ。

僕もやられたままでは終わらず、毎日毎日、ワラッテイイトモに乱入した。



【各曜日における乱入服装】
月曜日:全裸
火曜日:学校指定のジャージ
水曜日:2004年度NHK紅白歌合戦における小林幸子の衣装
木曜日:ナースのコスプレ
金曜日:全裸





その後、タモリと大親友になったのは言うまでもないが
犬や猿がわめく音や
ビール瓶が次から次へと床に叩きつけられて割れる音や
大音量の交響曲第9番ニ短調作品125なども聞こえてくる。


やめてやめてやめてやめてやめて
やめて            
やめて
やめて
やめて 
やめて
やめて
やめて

死ね
スポンサーサイト
[ 2008/03/24 05:28 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。