ルミナスオレンジ 

ブックオフって古本屋があるのはみんな知ってると思う。
僕、青木龍一郎はブックオフに対する苦い思い出が多いんだ…。

買う気にも売る気にもならないし…
買い取れないのでこちらで処分しますと言われた本が数日後店頭に並んでいるし…
シンプル2000シリーズを2300円で買ったし…
「本を売るならぶっ殺す♪」って聞こえちゃう…
大きい声で僕が「いらっしゃいませー!」って言ったら店員がつられてみんな「いらっしゃいませー!」って言うし…

話は変わるけどやたらと吠えまくる犬は、相手がそこにいる限り吠え続けるのか?
という疑問のもと、僕に吠えてきた犬の前にずっと立ち続けた。
3日間くらいは犬も僕にずっと吠え掛かっていたけど4日目の朝に口から茶色の泡だしてくたばった。
(ちなみにその犬との対決が終わった次の日、青木龍一郎は謎の腹痛に苦しむこととなる)

昨日、「僕は宇宙人なんです…!」って真面目に喋りかけたら何人の人が信じてくれるかっていう調査をするため
歌舞伎町のホステスたちに自分は宇宙人だと喋りかけたら、100人中100人信じた。

だが、最終的に僕の方が騙されて、結果的にフルーツの盛り合わせを6万円で買わされた。
もちろんそんな金無いので(財布の中を見てもプロ野球チップスについてるカードしか入ってなかった)
「クラブルミナス」(っていう店だったんです)から逃げ出しました。
後ろから歌舞伎の格好をした人たちが、お馴染みの片足立ちの歌舞伎ポーズで
「待てぇぇええ~いぃ!」って言って追いかけてきたのは、腰を抜かした。

歌舞伎町だけに歌舞伎ってか。
馬鹿野郎。



最後に今日あったことを詩にしてみた





【ただそれだけの水曜日】
鍵をかけていたはずの玄関が 簡単に開き
外からたくさんの外国人観光客がやってきた

お茶のペットボトルが何本も放置されている僕の部屋を
自ら持参したカメラに 嬉しそうに納める
聞き取れない謎の言語を駆使して大声でしゃべりまくる

ただそれだけの水曜日
ただそれだけの水曜日
スポンサーサイト
[ 2008/03/26 23:13 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)