スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

rabit pencil 

くこれは、1年前の今頃ボツになってブログに載らなかった記事です。
た1年前の未熟な僕さえもボツにしたものだから相当ひどいのではないかと読み直しました。
ばそしたら、1周して面白かったので、載せます。
れ初期青木龍一郎が好きだった人とか読んでくれるとうれしいです。


あとさ、なんでアイドルたちってみんなブログで、女友達と遊んだときに「○○ちゃんとデートしました★」って言うの?
ファンたちの「何?デートだって!?…なーんだ女友達か^^」っていうのを狙ってるの?


道端で猿がうさぎをいじめてた。
僕は号泣しながら、そのいじめの渦中に飛び込んでいった。

「らめええええええ!いじめらめえええええええええええ!」

近くで見ると思いのほか猿のいじめは激しかった。

「らめええええええ!もはや殺戮劇場開演でーすって感じ!?らめえええええ!」

うさぎが必死に耐えてる顔を見て僕は心が痛くなった。

「らめえええええええ!…………………………らめえええええええええええええええ!!」

猿はうさぎをいじめ続けながらついに喋った。
「ひへへ…。俺のMonkey magicで…」
「らめええええ!猿としてそれはらめえええええええ!Monkey magicらめえええええ!」
「Born from an egg on a mountain top~♪the punkiest monkey that ever popped~♪」
「こりゃ、ゴダイゴもカンカンでございますよへへえへへえ」


ここで、どっかの宗教団体が駆けつけました。
猿を金属バットでボコボコにして、その後、車に乗っけてどこかへ連れてっていってしまいました。
猿が宗教団体にさらわれました。

僕はフェンダーテレキャスターを車の後ろにひっかけて、車の後をズガガガガガと追っていきました。
テレキャスがギュイーンとジャキジャキな音を出しました。(ジャズマスターもよろしく)

うさぎは後ろから、あのブッシュが小泉にプレゼントした超高い変な乗り物あるじゃないですか。あのキックボードをでかくして、自動で動くみたいにしたやつ。
あれに乗っておいかけてきました。

「らめええええええええええ!うさぎさんは着いてきちゃらめえええええええええええ!」

うさぎはフンフンと鼻歌を歌いながらこちらを追いかけてきました。

「っていうか、あの乗り物スピード出るんだ、結構」




ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン







後ろにはさらにうさぎを追いかける「うさぎファンクラブ」の方々が!


「らめええええええええええ!そのうさぎ追いかけちゃらめええええええええええ!」


さらにうさぎファンクラブを追う報道陣たち。



「らめえええええええええええ!うさぎファンクラブが調子に乗るかららめえええ!」

まさにストーカー数珠繋ぎ。みんなの頭もどんどんおかしくなってくるよ!
日本最高!ヒャッホオオオオオオオオオオオオイ!



その報道陣の後を追いかける一般人のマスコミたち。





猿と宗教団体←青木龍一郎←うさぎ←うさぎファンクラブ←報道陣←一般の方々←イギーポップファンクラブ←田淵ひさ子←アヒトイナザワ←向井秀徳←椎名林檎←イチロー←報道陣
ストーカーがストーカーを呼ぶ長い追いかけっこはついにここまで長くなった。
一番後ろの奴らとか、最前にいるのが宗教団体だって分かってんのかな。分かっても追いかけ続けるのかな。
大変だ!宗教団体の前に崖が!
うわー!落ちるー!



そのときです。彼らの車は崖からとび出して羽ばたきはじめたのです。


空へ。
スポンサーサイト
[ 2008/05/22 22:07 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。