スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゆとりズム、僕らのリズム 

小学校の教師が、子供達にリコーダーでボコボコにされている間にも
その親達はテレクラにアクセスしまくっている。

その後、子供達はリコーダーでMY WAYを演奏しながら、夏休みのともをビリビリに引き裂く。
そして、それを自由研究として各自提出する!

僕らゆとった教育を受けてまいりました。
高校生の僕らゆとり第一世代。
円周率を約3としか言えない驚愕のニュージェネレーション。

大人たちは、僕ゆとり世代を低脳だ底辺だとバカにするけど
僕らだってゆとることに関しては他の追随を許さない。
他の追随を許さない。
他の追随を許さない。
ゆとることに関しては他の追随を許さない。

ゆとり世代は他の世代に比べて、圧倒的にいじめが少ない。
そんな中、クラスの人たちに便所の水を飲まされてる僕って、やっぱりいじめられる天才なんじゃないかしら。

ねーねー。
思ったんだけど学校なくせばいじめ減るんじゃないのー?





「じゃあ、ぶっ壊そうぜ、スクール!!」



そう公園で叫ぶと
後ろから甲高い声で「いいねー」と賛同する声が聞こえた。
振り向くと、全裸のホームレスが立っていた。

その後、僕らが性的関係を持ったことはいうまでもないが
小中学生は市民プールに向かって車イスをかっ飛ばしていた。


あ、あとさ
この間、公園ですべり台してたら
何か、障害者学校の生徒と先生が集団でやってきたのね。
そんでさ、まあ、特に気にすることでもないかと思って、無視してすべってたのね。
でも、何かあーあー言いながら砂場の砂を食べてる奴とか居んの。
先生がそいつに「砂は食べれないよー^^」なんて注意してさ。
うわー、こりゃだめだと思って公園出ようとしたら、障害者学校の先生が
「こらー、公園から勝手に出ちゃだめですよー^^」とか言ってくるわけ。

いやいや、僕はてめーらんとこの生徒じゃないですよーなんて言おうとしたんだけど
まあ、面倒くさかったから、あえてその黙って、その障害者たちと遊んだわけ。
最終的にそいつらが帰るときまで、一緒に帰ったからね。障害者学校まで一緒に。
高崎君は、すぐよだれ垂らしちゃう子なんだけど、いい人だった。
スポンサーサイト
[ 2008/07/25 22:18 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。