スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やらせ 

朝、目が覚めると僕の部屋の真ん中に大きなシャボン玉がプカプカと浮かんでいて
それを見た瞬間、涙が止まらなくなったのはきっとやらせだ。


小学生たちが手をつないで輪になる。
そしてしきりに、みんな友達と言い合う。
それもきっとやらせだ。


この世界は基本的にやらせだ。
僕に友達が居ないのもやらせだ。
僕が家に引きこもってブルブル震えてるのもきっとやらせだ。




みんな友達だってのはやらせだ。
みんな人間だってのもやらせだ。
みんなご飯を食べるのもやらせだ。
みんなが手を洗うのもやらせだ。
みんなが好きな人に愛してると言うのもやらせだ。
後ろからチョップされるのもやらせだ。
豊田さんが手首を切りつけてるのもやらせだ。
野宮がラリっちゃって奇声をあげてるのもやらせだ。
小学生のとき、朝起きたら飼ってたハムスターが口に綿をつめて死んでたのもやらせだ。
僕がツタヤのトイレの中で急に具合悪くなって倒れて、意識がもうろうとしている中
隣のもうひとつの個室からカップルのイチャイチャする声が聞こえてきたのもやらせだ。
全部やらせだ。

マジで。




起きれば テレビをつけて また消して
しばらく ボーッとして 再びテレビをつける
なめたけをおかずに ご飯を食べて ちょっとこぼす
牛乳を勢いよく飲み ちょっとこぼす
これは僕のやらせ これがつまり人生
雨や風が 一定周期でやってくる
あまり 変わらない毎日が ファンタスティックにやってくる
よお 僕やお前ら 先も何も無い
ここでシートしいて寝てる
これがつまり人生 または やらせ か?


散歩にでかける
誰も通りそうに無い道 を選ぶ
空を見る あまり面白くない
先細った一本の道の 中間地点で立ち止まり そのままカメラを取り出す
そして 周りの人々に見せ付けるように構えて
一枚も撮らずにカメラをしまう
テレビの中から説教され バカにされる
そらを僕は大爆笑で受け止め 部屋の電気を消す
これは僕のやらせ これがつまり人生
僕の涙 いつか川のようになったら
いつも 異義理の大群が ドメスティックにやってくる
おお 君やマイケル 僕は何も無い
暗闇で涙は見えない
これがつまり人生 または やらせ




この世界がどんなにやらせでも構わない。
やらす側なのかやらされる側かなんてどちらでもいい。
ただ、ひたすら「僕達人間でした!」という面白結果発表を笑顔で受け止めるのだ。


現実なんてどこにもない。





一方、僕の知り合いのアイドルオタク、野宮憲太郎が生まれたのは1991年10月22日だった。
スポンサーサイト
[ 2008/08/22 00:12 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。