ラトイアイオ 

僕がおもむろに右手をあげると
まずは青い光が集まってきた。
次いで左手をあげると今度は
黄色い光が集まってきた。

黄色い光が青い光を食べてしまい
僕の回りは黄色い光だけになった。

僕が左手を下げると
黄色い光はまた何処かへ行ってしまった。
どこかに行くならせめて
青い光を吐き出してからにしてくれればいいのに。
今の僕の回りには光は無い。

ただ右手を真っ直ぐにあげた僕が
不気味な表情で立ち尽くしているだけだ。

いったん右手を下げて、再びあげると
また青い光が集まってきた。
しかし、ここでうかつに左手を上げると
また黄色い光がやってきて青い光を食べてしまう。

なので、僕がその青い光を全部食べた。












テレビをつけたら
めざましテレビのお天気お姉さん
(確か名前は皆藤愛子さんだったような…間違ってたらごめんなさい。)
が四つん這いで、アルミのお皿に入ったぬるそうなミルクを飲んでいたので
テレビから引っ張り出してきて
包丁でゆっくりと頭を切断すると
脳味噌の中には小さな小さな光の膜が詰まってて
僕はその中に吸い込まれてしまった。









他のものに作用をおこす必要が無く
それでいて自明性のみを固持したい場合は
体なんていらないと思う。
体なんていうのは脳味噌の入れものなわけだから。


だから、愛ちゃんの脳味噌の中に入れたのは正解だった。
可愛さのアイコンとしてだったら、脳味噌だけでも充分機能したりして!クスクス…
例えばね皆藤愛子のお天気お姉さんとしての姿は
丸い台の上に置かれた生首でもいいのではないか?
極論、脳味噌。
うんこでもいいや。

高島アナが「続いては今日のお天気です。愛ちゃーん」って呼ぶと
画面いっぱいに愛ちゃんの脳味噌と、その上に乗っかった愛ちゃんのうんこが映し出されて
視聴者にはテレパシーでお天気を教える。





うん、本当に何言ってるか分からなくてごめん。
これを書いてるの、夜中の1時だったから、どうも気持ちが高ぶっちゃって…。
スポンサーサイト
[ 2008/11/17 21:43 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)