現代社会、乱射。 

僕と遊ぼう。
待ち合わせは宇都宮駅の前にある変な全裸の銅像の前だ。
僕は、全身包帯グルグル巻きにして
車イスでやってくるからきっとすぐに分かるよ。

車イスを押してくれるのは
田川の河川敷でホームレスとして好評活躍中の新井さんだよ。
ピエロの格好をしているよ。
だからといって回りに風船をほしがる子供達がいるわけではないよ。

ピエロに群がる子供達は
うんこに群がるショウジョウバエのようさ。
それは酷すぎるね。





ピエロといってもメイクは
顔に小麦粉を塗しただけだから本当に怖いんだ。
顔からずっと小麦粉がボロボロこぼれて
それが僕の頭の上にかかるから
白髪のようになってしまったよ。

待ち合わせ場所に着くと僕は
ずっと下を向いて一言も発さないまま
右手を空に掲げて、中指を突き立てる。

そして一言つぶやく。




「戦争は終わった。でも、平和が始まらない。」




そして機関銃を持ったつもりになって
それを乱射するフリをする。
「バババババババ!バババババ!!」


その横で、いかにも死んだ方がよさそうな汚いピエロは
無表情で何かブツブツつぶやいている。





僕は、そこが駅前であることを忘れて
ひたすら機関銃を撃ち続けた。
「ババババババ!バババババ!!」

唾を飛ばしながら目を爛々と輝かせ
ただひたすらに現代社会、乱射。

現代社会、乱射。






現代社会、乱射。

現代社会、乱射。
スポンサーサイト
[ 2009/01/29 19:22 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)