露土 

もつれた愛を背にして
崩れゆく世をまた背にして
未練を残さぬように
壁を伝い
稲妻に乗って
此処までやってきたのです



冬の首筋に
記憶を喪失したのです
びじゅつかんで
少女に力学を教えたのです
■に切り取られた芝生に
おぶじぇがのそり立つ
苦しく吹く風に
心地を感じているのです



あなたは電源コードみたいに
幼く笑うのです
げいじゅつを固めたお菓子を
顔無しが分け合うのです




すす
すすす
すすすす


あぁ
ナインティナインティワン
超絶の月下
妄想でポンプまみれ
酔った視界
別の心
しなやかにまどろんでしがみつく
暮れの模様が綺麗です

義足であなたは生きていく
すこしずつ
光景を野放しに
草を散らすように
そっと生きていたい

発語は群青
的に言い寄る
規則遅れ
肌色
芝生
蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々



蝶々










見ていた映画を一旦停止してお菓子を食べているんだけど
止められた世界に昔からの味がしみ込んでいるよ

っていうかな
、僕は別に誰かのためにこれを書いてるわけじゃねえんだよ。大抵はね。
救いなの。
僕の。自分だけの。
金貰ってやってるわけでもねぇのに、いちいちうるせえんだよ
どいつもこいつも。
僕は自分の生んだものを世界のどこか視えるとこに置いときたいわけ。
うるせえんだよ
どいつもこいつも
評論家気取りで批評ごっこしてくんな
気持ちわりぃんだよ
褒めてくんな。
貶してくんな。




「冴えた速度が緩んでいなくて嬉しかったです。」




は?なんでお前に速度とか判断されなくちゃならんわけ?
ってか速度って何?
冴えた速度?
日本語おかしくね?
何?僕の詩は移動してんの?
僕の詩は高速で移動してんのか?
仮にそうだとして、なんでお前は僕の詩の速度が速いことに喜んでんの?
停止しちゃダメなの?
冴えた速度ってマジでなんだ?
お前が嬉しいとかどうでもいい。
お前を喜ばすために書いてるわけじゃないからね。
なんでいちいちお前に緩むこと心配されなきゃなんないわけ?
お前は僕のペースメーカーですか?





「面白いけど詩ではないね」



ん?
僕、これ詩って言ったか?
「面白いけど詩ではない」

「けど」
の意味が分からないんだけど。
ってことは詩じゃないより詩である方がいいわけ?
別にそんなわけじゃないだろ。
なんだなんだ?
お前は全ての文章を詩か詩じゃないか判定する判定員の方ですか?
だとしたらさっさと死ねよ。いらねーよ。
お前は何者だよ。
お前はこの世の全ての詩を知っていてそれを分別することができるのか?




あとコメント欄で多い書き込みの第一位。
「青木さんは死にたいと思ったことはありますか?」




それ聞いてどうしたい?
なんだ、このブログはメンヘラホイホイか。






本当にコメント欄で唯一良かったのは一言
「マン汁飲ませてやろうか?」
ってだけ書き込まれてたとき。
わけわかんなかったし面白かった。
















このブログの一番最初のコメントは6年前だった。
僕が詩や音楽をやり始めて初めて貰った感想。




「メルヘンでとても素敵ですね( *^ω^)」




嬉しかった。
名前は無かった。
この人はいったい誰で、今何をしているんだろう。
















スポンサーサイト
[ 2012/12/30 17:19 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)