見てんじゃねえよ殺すぞ 



タモリ「では、会場のお客さん100人がスイッチ持ってますので質問をお願いします。
    見事、スイッチ押した人数当てられたら特製ストラップ差し上げマース」


青木「…タモリさんって今までサングラスかけながらセックスしたことありますか?」

タモリ「なんでそんなこと聞くの?」

青木「僕が女だとしたらやっぱり『タモリとセックスした』ってことに価値を見出すと思うんです」

タモリ「な~にを言ってんの?」

青木「僕が仮に女だとしたら、やっぱり芸能人とセックスしたことをステータスとすると思うんです」

タモリ「やっすい女だね~(笑)」

青木「で、やっぱりサングラスかけてるタモリさんとセックスしないと『タモリとセックスした感』って出ないじゃないですか」

タモリ「ちんこで『タモリ』を感じろよ。サングラスなんてどうでもいいただのアイコンだろ」

青木「…」

タモリ「俺の本質はちんこだ」

青木「…」

タモリ「…」

青木「えーと、じゃあ、昨日誕生日だったって方。」

タモリ「何人だと思う?」

青木「えーと、じゃあ、一人で。」

タモリ「はい、では『昨日誕生日だった人』スイッチオン」


ジャカジャカジャカジャカ♪


青木「一人くらいいると思うんですよね~」



ババ~ン!!
0人!!!!



観客「あ~」




青木「あ~!意外と居ないか~」



タモリ「ヘッヘ…。ではお友達を紹介してください」

観客「えー!!」

青木「ありがとうございます、では野宮憲太郎君を…」












野宮!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





見てるか、野宮!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


前々回の記事の内容もお前のことを書いたのに
こんな短いインターバルでまたお前の記事だ!!
いい加減にしろ!!!!!!!!!!


ははは
「書いたのお前だろ」
っていう貴様のツッコミが聞こえるぜ野宮。

お前は頭が悪いからたとえツッコミができない。
可愛いよ野宮。
ストレートにしか突っ込めないよな!!
なあ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

前、うちに野宮と酒井が遊びに来たときに、僕が
「なんか飲む~? 野宮は灯油をお湯で割ったやつでいい?」
ってボケたら、お前
「灯油をお湯で割ったやつじゃダメだよ!!」
って突っ込んだな!!




なんだそのツッコミ!!!!!





ただオウム返し!?!?!?!?!?!?!


















語彙に乏しい野宮は飯の感想を最後までちゃんと言えない。




野宮「(初めて松屋で牛丼を食べて)あぁー、うまいな。これ。」

僕「何がうまいの?^^」

野宮「上に乗ってる、肉」

僕「いや、それは分かるよww ご飯の方うめぇって言うやつあんま居ないだろwww」

野宮「え、どういうこと?」

僕「肉がどう、うまいの? 野宮なりの解説を聞きたいわけ^^」

野宮「え、、味が…ゼツミョウ?」

僕「絶妙wwwwwww」

野宮「しょっぱさが絶妙…みたいな?ことを言えばいいわけ?」

僕「なんだろう、何が面白いんだろうwwwwwなんか面白いわwwww『しょっぱさが絶妙』ってお前が言うとなんか面白い…」

野宮「なんで?何が?w」

















そんな野宮は昨日死んだ…。

テレビに突然映ったV6のいのっちにびっくりして死んだ…。
悲しい最期だった…。







全裸の僕は花をたむけるぞ。





僕らの失恋の数を足したら100を超えると思うんだけど、その一回一回で僕たちはちゃんと爆笑をとってきた。
誇ってもいいだろう。








「僕ら3人は夜のステーションで
 何も言わず ただ孤独に耐えていた。」
って誰の詩だったっけ?
今、あたまに浮かんですげぇ気になっちゃった


って、僕と同じく詩が結構好きな2人くらいに聞いたんだけど結局最後まで
その詩が誰が書いた作品だったか分からずじまいだったんだが
後から気づいたんだ…。
それ、自分で書いたポエムだったって…。
恥ずかしいぜ…。




ムカつくやつを殺したい。





1305.jpg
1351.png
1587.png
1561.png
1544.png
スポンサーサイト
[ 2013/03/24 03:42 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)